なんかいろいろ(読書とかドランとか)

やや睡眠不足だ。この歳になっても24時間の有効な使い方がよくわかっていない気がする。あと2時間あれば、、、なんて毎日思ってるけど、あったらあったでその2時間は睡眠に費やされるのだろう。心と身体が求める欲求に乖離が見られる。録画している番組が溜まっている。カルテットをまだ1話も見れていない私をお許し下さい。そして再生ボタンを押すための小さな勇気もください。

 

時間の無さを嘆いてるけども2月なんて、28日しかない!短期勝負もいいところ。そういえば、昔は稲作作業や農作業が中心の文化だったので、暖かくなる3月から30日=1ヶ月で数えていったために、2月は余り物の日にちでできた月なんていう話を聞いたことあるけど本当なんでしょうか。

 

本の話をさくっと。私は基本的に併行して本を少しずつ読むタイプ(なので、カバンは本でパンパン)なのですが、直木賞をとった「蜜蜂と遠雷」は最後の300ページ分はほとんど一気読みしてしまった。

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 縁もゆかりもないピアノコンクールの世界なのに、読みやすい。その頂点に極めることを許された数少ない神童たちの友情や、圧巻の演奏が文字なのに伝わってくる。小説なのにマンガ的なイメージができたり、音・動画的なイメージが私の脳内で作成される。文字の力、恐るべし。この小説は大きく4人の主人公がいるんだけども、最年長コンテスタントの高島明石に感情移入。スラムダンクといえば文句無しで木暮くん推し(次にリョータ)の私にとって、この明石のストーリーは本当にたまらなかった。明石の“結末”を読んで、おじさん大号泣。この小説、ドトールで読んではいけない。

 

話は変わって、私の好きな映画監督のひとりであるグザヴィエ・ドラン監督の『たかが世界の終わり』がもうすぐ公開されるのです!公開のために仕上げなければということで、まだ観てないドラン作品(『マイ・マザー』、『トム・アット・ザ・ファーム』)を借りて、“ひとりドラン映画祭”をしたのであります。

 

一貫して「母親との確執」や「同性愛者として生きる世界の閉塞感」をテーマにしていて、特に初期の『マイ・マザー』はそのテーマが色濃く出ていた。ただ、なんとなく違和感を覚えたのは同性愛者に対する風当たりの強さ。今も強い部分はあるけども、やはりLGBTという言葉が流行った現在だと、劇中の一部の登場人物の感情に納得しにくくなっていた。『マイ・マザー』が2009年の作品だから、たった8年で変わる世界の感覚と、自分の見方に気づく。

 

予習もしっかり終えて、『たかが世界の終わり』は公開日に観に行く。(もちろん席もおさえた!)冷たい風に吹かれながら、Wonderwallを口ずさんで映画館まで行けたら最高だ。

takano.hateblo.jp