砂ビルジャックレコード

カルチャーの住民になりたい

ヒコカツ

引っ越し活動。いわゆるヒコカツをしている。(いわゆらない)

 

いま、住んでいる街に不満は無いんだけどもう5年以上住んでいて、そろそろ次の街へ住みたいと思ったのがきっかけで、今年の最初から頭の中で計画をしていた。とりあえず不動産アプリをインストールする。1月は寒いからもうちょっと後に考えればいいや、3月は出入りが激しいからもう少しでいいやと、いろいろな理由をつけてダラダラ物件情報をお気に入りに入れる作業だけを続けていたら既に5月。衣替えを機にようやく重い腰を上げた。

 

住んでみたい地域にいくつか目星をつけ、休日はひたすら内見をぶちこむ。今の家から2回は路線を乗り換えをするような場所ばかりで物件を見ていたのでちょっとした東京小旅行の数週間だった。

 

それにしても内見は楽しい。何もない部屋で自分の暮らしを想像しながら物件情報が書かれたA4の紙を片手に悩む。自分の希望と違う点があったり、ネガティブなことを言うことはあるけど、頭の中は王様のブランチごっこをしている。「水回りの狭さだけ目を瞑ればこの家賃は安いですね」「おしゃれな内壁ですね」「ここの収納大きいの嬉しいなあ」「へ〜面白い間取りなんですね」みたいな誰にすすめるでもないけどその部屋ごとのアピールポイントを立ち会いの不動産会社の人と共有する。ちなみに「面白い間取り」=「住みやすい間取りとは言えない」ということである。

 

物件レポが上手くなる(?)と、こんな出会いもあった。ある物件では、紹介してくれた不動産会社の人に加え、その物件の管理会社の人も立ち会うという少し特殊なパターンだった。管理会社の人はワイシャツの裾が8割外に出てるおじさんで、のそのそと内見するマンションにやってきて、特にこちらに挨拶することもなく、無言でメインエントランスの扉の鍵を開けた。

 

部屋は、ちょっと経年劣化は目につくけども自分の条件を8割程度満たす物件だった。しかも思っていたよりも家賃が安い。私は管理会社の人に「なんでこの立地で、抑えめの家賃なんですか?」とブランチトーク。すると、不動産会社の人に向かって「いや、調べたらわかりますよね?」と逆ギレ返答。私を無視するおじさんについつい笑いをこらえる。

 

その部屋の内見が終わって、不動産会社の車に戻ったときに、管理会社のおじさんの態度の悪さに「ありえないっすよね」とつぶやく不動産会社の人。「ですよね!」と相槌を打つ。良かった、仲間がいたと、車中で盛り上がった。契約したらあの管理会社と付き合わなきゃいけないくなるという不動産会社の人の的確なアドバイスにより、すぐに選考外となった。

 

そんな紆余曲折を経て、とうとう引越し先が決定。結局、今の生活圏から少し離れた地域に住むことにした。手が震えるぐらいの大金を振り込んで、契約書にばしばし印鑑をして、あとは入居日を心待ちにしている状態である。

 

あと、大きな関門は公共料金系の連絡と引っ越しだ。引っ越しの見積もりをもらわなきゃなあと思ってるけど、Webで問い合わせしたら音速で電話がかかってくるのが本当に怖くてためらっている。少し臆病な性格なもので、もっとコソコソと見積もりをもらえると大変うれしいのだけど。

なんかいろいろ(最近ハマったゲームとかダウ90000とか)

生産性のない暮らしが続いていて、滅入っている。特に仕事の面で「あ〜心がやられているなあ」という初めての感覚である。食べ物だったりエンタメだったり刺激を入れても、その刺激は長持ちせず、シンプル労働に吸収されていく。目下の目標はこの迷宮から抜け出すことだったりする。

 

ゲームにハマってしまい、生産性のない暮らしに拍車をかけている面。「シヴィライゼーション」という戦略ゲームだ。自分が世界史の偉人の一人となって、他のCPUと競争しながら世界制覇を狙うというゲームだ。なんてったって人類史の創始から始まるので、1ゲーム1週間ぐらいかかってしまう。可処分時間をすべて突っ込むほどハマっちまってるのだ。そういえばしいたけ占いの6月の運気に「なにかにドハマリする」と書かれていたのを思い出す。操られている。

 

自分の国の領土や科学技術、政治体制の発展を進める。生産性のない暮らしをしている割には、ゲームの中の生産性は重要視している。農場を開き、鉱山から鉄を取り、市場も作ってと、伸びしろしかない国を育てるのは楽しい。

 

ときには他国と戦争するのだけども、戦争を選択するときに躊躇する自分がいる。せっかく大事に育てた兵士がCPUの兵士に囲まれてボコボコにされ、消えてしまう瞬間がやるせない。しかも消えてしまう瞬間に「デケデーン!」とだいぶ大きなアラートが鳴るのが心に来る。戦争よくないね。いのちをだいじに生きていこう。

 

世界制覇=ゲームの勝利には色々パターンがある。武力制圧だったり、宗教制圧だったり。そのなかに文化的制圧というのがあるのだけど、これで初勝利をもぎとった。ゲームの後半でロックバンドの駒が登場するのだけど、こいつを敵国に忍ばせて、ライブを開きまくったら勝利してしまった。ランダムでバンド名がつくのだが、自国の「アトミックカナル」が勝利に貢献してくれました。音楽の力ってすげー。「アトミックカナル」は自分の中では、4ピースでちょっとテクノぽい感じが人気というイメージです。あなたの「アトミックカナル」像も教えて下さい。

 

最近の楽しかったことはダウ90000の単独ライブ「10000」に行けたことだ。約1時間の公演で行われた新作6本どれもがめちゃくちゃおもしろかった。しかも6本とも角度の違うコントである。蓮見さんすげーって今年で何回思っているのだろう。すべてのコントのタイトルが二字熟語で揃えられているのも洒落ていた。

 

自分が好きだったのは「今更」という、よくありそうな男女の仲を悪意を持って切り取ったネタ。自分は男女の仲有りだと思っている人なので、非常に心を抉られながらもその偏見がクセになる。女2男1のグループの男役である園田さんの負け演技が最高すぎて、一気に虜になってしまった。守ってきたコミュニティに手を加えられてしまった男の悲哀に同情しつつも笑いの感情が上回るのがなんだか不思議な感覚だった。

 

ここ最近、意中の人にフラレたのだけども、その断りのセリフが「ごめんなさいかも〜」だった。すごくヘラヘラしていた。言われた自分もショックなのだったけど、不思議とヘラヘラしていた。いっそフラれるなら、お互いヘラヘラするぐらいの言い方が楽だなと思った。「格好悪い」意外のフラれ方を知った夜だった。

 

なんかいろいろ(鼻の頭とか見た映画とか)

鼻の頭を押すと痛い。正確に言うと、鼻の頭をした斜め45度から突き上げるように押すと痛い。別にニキビができたというわけではい。どこかで鼻を打ち付けた?ウソップみたいな鼻でないのに?理由ははっきりしないがきっと、寝ぼけながら仰向けでスマホをいじっていて、落としたんだろうな。現代人が鼻を痛める理由の80%なんてスマホ落下による打撲だ。

 

鼻の頭を押すと痛いモードになると、自分が一日のうちに何回も無意識に鼻の頭を触っていることに気づく。心理学的にみると、鼻を触る行為には「緊張している」「嘘をついている」「良く見られたいと思っている」などの理由があるらしい。そっか私は、緊張しつつも、嘘をついてよく見られたいと思いながら一日を過ごしているのか。とんだペテン師だ。

 

最近、知り合いからコーヒー豆をもらったことをきっかけに「豆を挽く」という行為を初めて行った。百貨店でコーヒーミル、ドリッパー、先っぽがほっそいケトルを購入して、とうとうコーヒーの世界に入門していたが、簡単なようで難しい。コーヒーがなんだか薄い。量の問題?温度の問題?原因がわからないまま、ほんのり苦いコーヒーを飲み干す。やっぱりカフェのコーヒーって美味しいんだなあと、ありがたみに気づく。

 

ただ、先っぽがほっそいケトルでお湯を注ぐ瞬間はたまらなく好きだ。ドリッパーに入れた挽いたコーヒー豆にお湯を注ぐと、地底怪獣が出てくるかのようにモリモリ盛り上がる。部屋に広がるコーヒーの香り。ああ、「私はコーヒーを入れているんだ」という満足感に支配される。あとは味だ。もらったコーヒー豆を使い切ったので、新しいコーヒー豆を探しに出ようと画策している。

 

北千住で『ロスト・イン・トランスレーション』のフィルム版が上映しているというので見てきた。意外と好きな映画だ。学生の時に海外旅行に行くことがあった。行きの機内でこの映画を見て、そこからしばらく勝手に『ロスト・イン・トランスレーションごっこをやった。ホテルの部屋の窓の近くに体育座りして、自分とスカーレット・ヨハンソンを重ねたものだ。

 

令和の現在から約20年前に公開された『ロスト・イン・トランスレーション』を見ると、もう二度と会えない美しさが東京に広がっている。人混みやカオスっぷりはそこまで変わらないのに、不思議と空が広く感じるし、キラキラと光って見える。

 

生活様式もぜんぜん違う。なんてったってスマートフォンがない世界なのだから。ビル・マーレイ演じるボブがアメリカの家族からのFAX受信音で目覚めるシーンがある。FAXという文明を通ってきたはずなのに、あまりに衝撃的だった。カラオケボックスで盛り上がるシーンでも、思い出を残す方法がデジカメというのが趣深い。いつか来るんじゃないんだろうか。デジカメの再ブーム。絶妙な画素数が未来の若者にウケると信じて。

 

ロスト・イン・トランスレーション』の結末もスマホのない時代だからこそ成立する。東の果てで、孤独になったからこそ偶然出会えたボブとシャーロットは、東京のど真ん中でキスをして別れる。きっとこの先二度と会うことはないけど、お互いの心のなかに生き続ける。これがスマホがある世界だったら別れた相手の可能性がグンとあがるわけで。繋がりやすいことの弊害みたいな部分を感じた。いつか行けたらいいなニューヨークバー。

 

新日本プロレスではジュニアヘビーの頂点を決める大会がはじまった。コロナも落ち着き始めたこともあって、久しぶりに海外からの未知なる競合が参戦しており、非常にワクワクしながら配信サービスで興奮している。なかでもアレックス・ゼインという、衣装も髪も真っ赤なレスラーが愛おしい。

 

試合もめちゃくちゃかっこいいのだが、彼はTwitterでとにかく日本に馴染もうとしているのだ。仕事で訪れた土地の文化や慣習を前向きで吸収しようとする人にめっぽう弱い。

 

mobile.twitter.com

 

このグーグル翻訳に直ぶっこみした日本語も味があるし、顔文字の使い方も完璧なのである

mobile.twitter.com

 

黒蜜=不思議なタレ

 

そういえば、アレックスが「日本の伝統的なご飯食べれるところない?」というツイートに「英語メニューもあるから松屋がおすすめ」というリプを見て感銘を受けてしまった。たしかに牛丼屋はかなり正解に近いし、定食メニューが充実している松屋なら最高だ。いつか、訪日外国人に同じ質問されたときにベストアンサーできるように覚えておこう。