読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ただのトレインスポッティング大好きおじさん(『T2 トレインスポッティング』観たマン)

『T2 トレインスポッティング』を観た。

www.youtube.com

 

高校生の時、ふとTSUTAYAのレンタルコーナーに陳列されているオレンジ色の作品を手に取った私の選択を、今の私は誇りに思っている。雷のようなイギー・ポップ「Lust for Life」のイントロ、刺激的なヘロイン中毒の描写、そして全てを洗い流すかのようなUnderworldの「Born Slippy」が流れるラスト。

 

たったの100分間で人生が“狂った”私は、見てからしばらく制服の袖をまくり、腕をバンバン叩いていた。ヘロインを打つ前に血管を浮き上がらせる動作をしては、周りに本作を見ている友達もいないのにニヤニヤしていた。

 

そのトレインスポッティングが2017年に蘇るという情報が入ったのは去年のことだった!。第1弾から20年。中年になった4人の悪ガキどもが、帰ってくる。そして、公開日と同じ時代に生きている幸せ。もうトレインスポッティング大好きボーイの私にとっては待ち焦がれていた日がやってきたのですよ!!!

 

https://www.instagram.com/p/BQ68iCDjbDQ/

素敵なTシャツを手に入れてウキウキしているトレインスポッティング大好きマン #tshirt #trainspotting #ewanmcgregor #renton

https://www.instagram.com/p/BSmzE2ZjvwV/

朝からテンションえれぇあがってる #t2 #trainspotting #spud #ど根性ガエル式ペアルック #movie #tshirts

 

興奮しすぎて、レントンとスパッドのプリントTシャツをBUY。悩んだ挙句に、推しメンのスパッドのTシャツを着用して、公開日に行ってまいりました。

 

20年ぶりにレントンエディンバラに降り立ったことから物語が動き出す。前作のオマージュをふんだんに散りばめた演出に、にやけが止まらない。冒頭から走る走る。(そして、脳内で流れ出すイギー・ポップ)、物語の中盤でも走る走る。むしろ中年になったほうが走ってるんじゃないかぐらいにスコットランドを走り抜ける男たち。

 

20年という月日はやっぱりとんでもない。レントンは、服のサイズに余裕を持つようになり、その顔にはシワが目立つ。サイモンやスパッドの頭皮も寂しい(だがかっこいい)。ベグビーは太ったが、その殺気はまだ鋭い。

 

前作で当たり前のように存在していたブラウン管のテレビは、いまやスパッドの家にしかなく、クラブの若者たちの踊りに一瞬たじろぐベグビーもいる。彼らが年を取って時代に取り残されたかといえば、そうではない。

 

ダイアンは前作でこういうセリフを残している。

世の中も音楽もドラッグも変化してるのにジギー・ポップに憧れて引きこもるなんて。

イギー・ポップの名前も、まだ生きていることも知らないダイアンは、「世の中が変化する」ことを、20年前から訴えている。しかし、こいつらは20年前から「変化」に対応できず、もがいていた。もとからそういう奴らなのだ。

 

自分を時代にアジャストすることが出来ない弱い4人が中年になっただけなのだ。ダイアンは続編にも、ちょこっと登場する 。この「変化」という補助線を入れるとダイアンと4人の中年の対比がはっきりとするだろう。

 

その4人の中で特に浮世離れしているのは、スパッドとベグビーだ。この2人が、20年ぶりのレントンとの再開にどういう結末をつけたのか。ということを語るだけでウルウルしてくる。ベグビーに、スパッドに泣かされるとは。20年を越えて知る人間の本質もある。

 

そして、スパッド大好きな私から伝えたい事は以下のとおりです。

 

 

朝も早くから続編に感動し、コカインを吸ってないのにアッパーの私は

 

チャンスがあれば、まだまだ劇場で見たい。私の青春。だけどこんな中年にはなりたくない!