読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キングオブコント2016について書かせてください

昨年に引き続き、今年も書かせていただきますよ。私の感じたままにずらずらと。

 

今回、見えてきたのは、松本人志+さまぁ~ず+バナナマンの5人だけでなく、もうひとりの審査員の存在が、かなり重要視されていたということ。それは観客である。

この、観客の悲鳴で大分、潜在的な点数は左右されたのではないかと思う。特に狂気系で勝負した、かもめんたるや、かまいたちなんかには不利になったんじゃないかなあ。狂気に引く、ってもっとお前らコント見ろ!って言いたくなる気持ちはぐっとこらえるよ。

 

ラブレターズやななまがりの様な、一発狙いのコントはやはり低調だった。旧採点方式だったら、なにか起こりそうだけどね。ただ、ラブレターズのやつ、めっちゃ好き。あれ、1分刻みとかでやったら絶対楽しい。

 

そして、声を大にして言いたいのがトップバッターのしずるの完成度だろう。あのコントはもっと評価されるべきだと思う。しっかりフリで溜めての無敵モード突入。かつ、しずるの青春フレーバーを味わえる4分間だった。1回戦の5位だったかもめんたるとたった1点差。本当に順番が悪いとしか言いようがなかったというか。せっかくだから見にきた観客100人に「面白い」と思ったらゴルフボールを転がすように言ってあげればよかったのに。

 

1回戦で頭一つ抜け出したライスとジャングルポケットが優勝争い。どちらも、しっかり舞台コントをやっていて、ウケたというのがでかいと思う。ただ、差が出たのは2本目である。ジャングルポケットの2本目はなんだか“テレビコント”な印象があった。心理描写が甘いというか、展開に深みを感じないというか。このテレビコントを上手く説明できない私が悪いのだが、思えば去年のロッチの2本目も私の名付ける“テレビコント”であった。

 

それに比べてライスの2本目は、ボケとツッコミががスイッチする瞬間にハッとしたし、そこからの展開の畳み掛けが非常に美しかった。言葉遊びも巧みだったし、見返してみたけど、思ったより圧勝だった。

 

去年と今年のKOCで、確実に“玄人ウケ”が通用しないし、かといって大衆に伝わるような甘めな設定にすると、審査員の点数が伸びない。これは洗練されたコントが評価されるいい空気感になったのではないかと。展開8:アイツバカだなあ2ぐらいの比率がいいのかなあ。

 

というわけで、まとまらないまま書いてみました。