リッチー・グレー(『キング・アーサー』観たマン)

キング・アーサー』を観た。

 

www.youtube.com

 

私の大好きな監督のひとり、ガイ・リッチー監督の最新作。ガイ・リッチー監督は、『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』を観た衝撃から本当に虜である。『スナッチ』の伏線も最高だった。マドンナの元旦那とかどうでもいいから、みんなちゃんと声に出して言おう。せーの『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』!!噛んだらもう1回。

 

今回のリッチーは、あのアーサー王伝説をモチーフに映画を作ったのです。主人公のアーサーは実は昔の王の息子。スラム街で、やんちゃにたくましく育つ。ときの王様は、アーサーの叔父であり、とてつもない暴君のヴォーディガン。そのヴォーディガンを倒すためにアーサーの旅が始まる、といったあらすじ。

 

まず、アーサーの生い立ちの場面が流れるのだが、赤ん坊から筋骨隆々のアーサーになるまで、ノンストップで早回ししているかのような映像表現に思わず歓声をあげたくなる。ただ、体の成長を追っているのではなく、そのスラム街でのやんちゃっぷり。成功と失敗、努力の場面もしっかり描かれている。たった数分で、主人公の背景や性格を観客にわからせるリッチーさんすげえよ。

 

戦闘シーンも、もんのすごい。ものすごいでなく、もんのすごい。エクスカリバーを使った圧倒的戦闘力。剣術の他にも、メイジという動物を操る魔術師が出てくるのだけどもその演出ももんのすごい。こういう中世のファンタジーってゾクゾクするね。

 

そう、すべてがリッチーの創るかっこいい世界にまみれているのだ。スラム街や、暴君に支配された城での薄汚れた雰囲気は、どこか『シャーロック・ホームズ』でも見た気がする。薄汚れた街の空気感。霧の街ロンドンだなあと、ぼくの脳内が反射して喋っている。(私は一回もロンドンに行ったことはないけど)もうこれは彼にしか出来ない、曇の描写ではなかろうか。今日からこれをリッチー・グレーと呼ぶことにする。リッチー・グレーな曇り空であれば、太陽が出ていなくても全然幸せなのに。