やがて射す光の方へ(『光』観たマン)

『光』を観た。

 


河瀬直美監督×永瀬正敏主演!映画『光』予告編

 

世界各国で製作されている映画を見るために、我々は様々な補助を使わなければいけなかったりする。例えば日本語以外の映画であれば、多くの観衆はその言語の意味がわからない。物語の理解するために、字幕がついたり、もしくは吹き替えで、日本語ユーザーのための映画が上映される。日本語も他国語も聞くことが出来ない人(=ろう者)は? 字幕があれば物語が読み取れる。では、視力を失っている人が映画を楽しむためにはどうするのか。ここで登場するのが日本語音声ガイドというものであり、この『光』の幹となるテーマである。

 

恥ずかしながら、私は『光』で、日本語音声ガイドなるものを知った。ちなみに、2016年で、日本語音声解説で劇場公開映画した映画は1149本中、9本である。映画鑑賞という点から見れば、まだまだバリアフリー化は進んでいない。

(参考:特定非営利活動法人メディア・アクセス・サポートセンター

  

さて、この「光」は、河瀬直美監督の最新作。この予告編でシビレたわけで、観に行ったのです。日本語音声ガイドと、視力を徐々に失ってゆくカメラマンとの静かな、でも感情を揺さぶられるラブストーリー。

 

作中、音の演出が印象に残る。冒頭に、街の人々のようすを言葉に落とし込み、滑らかに表現する水崎綾女の通る声が魅力的だ。普通に歩いていれば気にしない雑踏も、この映画では、情報として意識してしまう。

 

視力を失うカメラマンを演じる永瀬正敏の枯れっぷりも格好良い。ロービジョン器具をつかい、一所懸命にものを見ようとしたり、カメラを必死に覗き込む様子にどこかエロスを感じてしまうのはなぜだろうか。と、同時に視力を失ってゆく描写が恐怖だ。カメラマンにとって、ふわりと、自分に射していた光が消えていくのはまさしく死の現在進行形であり、それをリアルに表現している。