読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博多・長崎たびの記録3

夕ご飯の時が来た。博多に来たならばやはり屋台だ!と勇んで屋台エリアへ行ってみたものの、屋台に夜はまだ来ていなかったようで、鋭意設営中であった。エアポケットのように博多でなんとなく宙に浮く私。

 

ぶらぶら街の形状を調べつつ夕方からやっているダイニングバーにピットイン。お酒を入れつつ、夜が深まるのを待つ。バーの人たちと話していると、その現地の人にしか知らないようなお店情報がどんどん手に入ってくる。やはり捜査の基本は聞き込みだ。屋台のことなど後回しにして、手に入った情報を早速試してみることにした。

 

時刻は20時ぐらいだ。東京からの旅行者という強い切り札を生かして得た情報のひとつ、とりかわのお店へ向かう。教えてもらった「かわや」というお店は、予約しないと入れないほどの人気の店みたいだが、ひとり旅の圧倒的優位点、ぽっかり空いた1席にジャストフィット。お目当てのとりかわをいただくことにした。

 

https://www.instagram.com/p/BTggdeyD8Uw/

幸せの串喰ってる #とりかわ #飲酒おじさん #博多

 

見よ。このフォトジェニックはとりかわの串を!!細かく巻きつくされ、カリカリとなったとりかわを噛むことに溢れ出る旨み。博多の中で一番衝撃を受けた味である。こんな幸せがまだまだ東京にバレていないなんて!隣の席にいたカップルは10本単位で頼んでいた。これが本場の頼み方なのかとニヤニヤする。

 

腹八分目ぐらいで、かわやを後にし、街を歩けば、「麺ちゃんこ」という看板が見える。この「麺ちゃんこ」もバーの人に教えてもらった博多名物のひとつだ。基本的少食の私は、ひとまずコンビニまで赴き、胃薬を流し込む荒療治をしたあとにその「麺ちゃんこ」を食べに向かった。

f:id:nigaichocolate:20170514184504j:plain

ちゃんこ鍋の具材にラーメンが入っただけのシンプルなものだが、ずるずる食べられる。腹八分目なのに、まるまる一個入ったお餅がしんどかったけども旨さで止められない。

 

 

端的に言えば、爆発寸前であった。

 

実は、もうひとつバーのひとに教えてもらったラーメン屋があった。どうしても入れたい私は、ある策を思いつく。「動いて消化しよう!」夜に激しく運動できる場所といえば音楽が鳴り止まない箱しかない。急いで博多のクラブを調べて、突入した。東京でめったにクラブなんていかないのに。旅の恥をかき捨てまくっている。

 

満腹と飲酒によりパワーアップした睡魔に負けまいと、やや空いたダンスフロアで恥ずかしく動きながら消化する。時間はすでに日付をまたいで午前1時だ。もう我慢できない!タクシーを使わずに2〜30分移動すればちょうどお腹も良い感じになると見計らって私は静寂の博多をこつこつと歩き出した。

 

4月末の夜は涼しいが、さすがに20分以上歩くとなると汗もかく。アルコールも出きったところで、お店の前へ着く。が、完全な想定外。もう、予約でこれ以上入れないとのことである。日曜の深夜でも入れないラーメン屋。。。絶望と同時に博多人の食における、作りてと食べ手の執念を感じる。

 

やっぱ可愛い女の子には彼氏がいるんだよ。ラーメンにだってそうさ。席はあっという間に埋まるんだ。。。などぐちぐち脳内で言い訳していたけども、私は正直者で、どうしてもラーメンが食べたくなり、ホテルへの帰り道で見つけたラーメン屋へin。

 

f:id:nigaichocolate:20170514184508j:plain

 

ザ・博多ラーメンが一口喉を通ると、さっきまでのストレスは飛んでいった。やはりとんこつに細麺は旨い。ただ、消化にまだ時間がかかっていたようで、結局、胃袋が暴発寸前になってしまった。急いで胃薬の2包目をぶちこむ。荒くれ者かよ。

 

ホテルに戻ったのは午前3時前。さっと湯を浴びて、鏡に映る張りまくったお腹を見ながら5ヶ月ぐらいかなあと、しょうもないことを思いながら就寝した。