せつないぜリー・リー・リー(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』観たマン)

マンチェスター・バイ・ザ・シー』を観た。

 


アカデミー主演男優賞受賞『マンチェスター・バイ・ザ・シー』予告編

 

マンチェスターというと、イギリスの都市を想像してしまうが、題となっている「マンチェスター・バイ・ザ・シー」というのはアメリカのボストンに近い町の名前である。バイ・ザ・シーまでがひとつの名前なのである。ちなみにボストンやマンチェスター・バイ・ザ・シーと同緯度の日本の都市というと室蘭らしい。室蘭・バイ・ザ・シー。やきとり食べに行きたい。

 

この映画の物語の主人公は2人いる。ボストンで便利屋を勤めるリーと、マンチェスター・バイ・ザ・シー(もうMBTSに略す)に住む高校生のパトリックだ。彼らは叔父と甥の関係なのだが、リーにとっての兄、パトリックにとっての父親であるジョーの死とその遺言によって、2人の運命は急接近する。

 

それで、このリーという男が泣かせるわけですよ。哀愁漂うリー。不器用さ丸出しのリー。辛い過去を抱えながら細々と生きるリー。その“辛い過去”がある場面で明らかになるときの心が締め付けられる感じ。その過去に共感することはできないけども、彼の生き方に同情してしまう。その過去を払拭できずに生きているリーが本当に切ない。

 

パトリックは、リア充高校生(つまりムカつく)んだけども、多感な時期に大好きな父親を亡くしているわけで。そして、自分の人生が叔父さんに委ねられているわけですよ。不安定な感情にも心が締め付けられる。でも、あんなに女の子と遊びやがって。許さねえ。決して穏やかな人生でない2人が、一生懸命生きる姿にジーンと来る。

 

その人間ドラマを見守るようなMBTSの街並みが美しい。ゆっくりと時間が流れていくこの街で人生の分岐点が来たことは幸せなことなんだと思う。アメリカ的な継承の物語でもあり、2人の再出発の物語でもある。私はこの映画を観て文学したいので、既に観た方はご意見・ご感想お寄せくださいませ。文学しよう!