変態階級(『お嬢さん』観たマン)

『お嬢さん』を観た。

www.youtube.com

 

年をとると、刺激を求めだす。それは、映画館で見る映画を選ぶ場合にも基準のひとつになっていて、こんなにアクションやセクシーを売りにしておいて、レートが「G」だと、私の腹で眠っているマグマがうごめき出す。一方、R指定がつくと、その分、日常生活では得られない刺激的な表現を楽しむことが出来るので、期待感が高まる。今日は、刺激を求めて『お嬢さん』。お嬢さん、この映画R18+ですって。

 

時代は、1939年の日本統治時代の朝鮮。ある豪華な屋敷に住むお嬢様のもとに、新しい召使いが来ることから物語は始まる。この召使は詐欺師一味の女で、屋敷に訪れる伯爵(=正体は、詐欺仲間)と結婚させ、財産を奪う計画のために、この屋敷に侵入したのだ。ただ、お嬢様に使えるうちに心境に変化が訪れて・・・という展開である。お嬢様、召使、伯爵の“三角関係”が織りなす極限のサイコロジーに私の心はヒリヒリし続けた。

 

心を奪われたのが、舞台設定となる屋敷だ。気持ち悪いくせに息を飲むほど美しい。畳の部屋もあれば、洋風の部屋、無限に広がる書斎に、地下室もある。光と影を網羅したこの屋敷から放たれるものは、妖気と、紛うことなき変態性である。この映画、変態だ!100%変態映画だ!!

 

物語の中で、お嬢様が行う「朗読会」というものがある。このシーンは変態の極みのひとつだ。直球の単語、言葉を頼りに妄想する変態階級の男たち。しかし、そこに汚らわしさはなく、清廉さとなぜか可笑しさがこみあげてくるのはなぜなのだろう。

 

個人的に変態性の高さ(Most Impressive Hentai)を感じたのは、音である。朗読の合間に聞こえる息づかいや、作中のひとつのキーアイテムになる鈴の音。この音が静寂な映画館の中でかすかに響く。我々は、朗読会の聴衆のように、この音をきっかけに聴覚以外の感覚を自らの脳内で作り上げる。気づけば、私も立派な変態の仲間入りをしていたようだ。ゆっくり変態を開放していくことにした。