読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

春夏秋冬ヒュゲりたい

「ヒュッゲ(hygge)」という言葉をご存知だろうか。私も最近知った言葉なのだが、デンマーク語で、「居心地のいい、快適な状態や雰囲気」という意味を持っているらしく、2016年、オックスフォード英語辞書が選ぶ「今年の言葉」の大賞候補にノミネートされた言葉だ。(ちなみに大賞は、大ブレイク中の言葉である「post-truth」だ)

 

もう、このヒュッゲという言葉を知ってしまったからには、試したくなる衝動が抑えられない。ヒュッゲを巧みにあやつり、私のQOV(クオリティ・オブ・ボキャブラリー)をますます高めるのだ。

 

少し前に「chill out」や「チルってる」が若い世代の間で徐々に市民権を得だしたが、なんだか私は上手く使いこなせない感覚があった。無理に「チルってる」を使ってる感じも否めなかった。そこで、ヒュッゲの登場だ。意味的には「chill out」と非常に近い場所にいる言葉であろう。私は、チルたちに別れを告げ、ヒュッゲを操る人間として生まれ変わるのだ。

 

この先の予定にヒュッゲを当てはめてみよう。春になれば花見がある。満開の桜の下でワイワイ仲間たちと、お酒を飲む。いいヒュッゲだ!夏になれば、BBQのシーズンだ。濃い味付けのスペアリブをビールで流し込む。ナイスヒュッゲ!野球観戦しながら球場のフードを食べてヒュゲるのも一考。秋は、ハロウィンパーティーか。誰かがDJセットを持ってきて、ヒュゲったBGMの中で思いっきりヒュゲる。デンマーク語だから冬が1番ヒュッゲに適しているのかもしれない。暖炉を囲んだホームパーティーで、ロッキングチェアに揺られながらうとうとする。ヒュッゲの極みだ。

 

怒濤のヒュッゲラッシュ。たった一年で、こんな素敵なヒュッゲライフを送ることができるのだ!当たり前だが上記の年間プランは予定である。予定であり、未定である。DJセットを持ってる友達を作るところからはじめないと。スペアリブのレシピも調べなきゃな。ああ、一日でも多くヒュッゲしたい。