テラスの男女は大体ヤバい(『At the terrace テラスにて』観たマン)

『At the terrace テラスにて』を観た。


映画『At the terrace テラスにて』予告編

 

岸田國士戯曲賞を受賞した『トロワグロ』 という舞台を映画化した作品。舞台が原作という映画は数多あるが、特筆すべきなのは、映画版と舞台版の出演陣がまるっきり変わらないということである。(鑑賞後に舞台挨拶があって、山内ケンジ監督が本作品を当て書きしたということも言っていた。)映画と舞台をいいとこ取りしたに作品となっているのだ。

 

見た後に気づいたのだが、そういえば私は山内ケンジ監督作品を観ていた。『友だちのパパが好き』、この作品も怪作だったなあ。

takano.hateblo.jp

 

専務が開催したホームパーティーを舞台とした、“密室劇”。7人がテラスで会話するだけ(テイラーは流れないし、副音声で山ちゃんが罵詈雑言を散らかさないけど)なのだけど、確実に打ちのめされました。会話のズレが解釈のズレを生み、関係のズレを生む。ただ、ズレることで奇跡的に、それがハマる瞬間ができたり。。。と、シームレスな状況の変化に一言一句聞き逃せなくなる。

 

テラスという場面設定がやっぱりニクいよね。パーティーという建前の見本市に対し、その会場の外側部分で、明らかになる参加者たちの本音。その見てはいけない部分を見てしまっている背徳感も効果としてあるのだと思う。7人の関係性も非常に緻密だ。主催者家族、遅れてきた参加者、同じ苗字の人、、、各人の個別の関係性によって地獄のような(第三者としては最高なんだけどね)時間が繰り広げられる。帰り道に、この映画を頭の中で反芻してみたけれど、よく考えてみれば、登場人物が穏やかにヤバかったなあ。メンタルもフィジカルも。

 

別の映画を持ち出すのは野暮かもしれないけど、『キサラギ』がお好きな方は、この映画に絶対ハマるはずかと。関係ないけど、一度でいいからみんなでキサラギのエンドロールの振りコピやりたいよね。もちろん喪服で。