読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PPAP大喜利を考える

この前、徹子の部屋でピコ太郎が出たときのこと、徹子さんとのコラボとして“オニオンペン”というのを披露していたけど、とうとう日本の大きな玉ねぎも差してしまった。とてつもない勢いである。

 

私の肌感覚でいえば、去年、世界中を刺突ブームにさせたPPAPがいわゆる“2周目”に入った。(その2周目も間もなく終わりそうだ)


PPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen Official)ペンパイナッポーアッポーペン/PIKOTARO(ピコ太郎)

“2周目”というのは、内容を把握されている状態のこと。受け手に浸透され、(=1周目)フレッシュさが薄れつつ中で、どう変化をつけていくのか、というのが腕の見せ所である。

 

PPAPの恐るべき点として、2周目の味付けがしやすいところである。この45秒のインパクトは、どんな味付けにしても合ってしまう。パスタだ。そう、パスタのPだ。

www.youtube.com

 

www.youtube.com

もうわけがわかんねえよ。かたや、数万人規模のフェス会場でカッコよく打ち鳴らされ、かたやインド音楽の神秘的なスパイスを振りかけられ、それもカッコイイ。世界どこでもPPAP状態。ニュートンジョブズ、ピコ太郎。りんごはいつも世界を変えてしまうのだ。

 

 

音楽の観点からいえば、2周目は世界規模で大成功した。では、歌詞(言葉)の観点から2周目はどうなのか、といえばなかなかハードルが高いところがある。

PPAPの歌詞だが、以下のように置き換えられるだろう。

 

A+B=AB

C+D=CD

AB+CD=ABCD

本家の歌詞の場合、AとCは"Pen"で同じ言葉を置いていたが、PPAPは非常に数少ないキーワードで構築されている。その言葉を羅列したのだが、僕たちは破裂音に非常に弱い。この「言ってみたい。でも言いづらい」というところがフックになっている。というよりPPAPをABCDで表すなよ。0EAT 1BITE。

 

ただ、この癖になるPPAPの歌詞の1周目を越えるためには、足すという行為だけだと物足りなくなってしまう。どこぞのCMクリエイターが、ピコ太郎におんぶにだっこで作ったような替え歌では、シンプルにスベってしまうだけだ。そのため、2周目の方程式は以下のようになりつつあると思う。

 

A×B=C

D×E=F

C×F=G

A×B=Cとは「赤×白=ピンク」のようなイメージで考えてもらえばいい。AとBからなる連想ゲームのようなものだ。この式のとき、特筆すべきはGである。このGへ到達するのが非常に難しい。一度答えとして出したCとFをフリにしなければならない。「キングちゃん」でアルコ&ピース平子氏が表現していた言葉を用いるなら、

 

小ずらし

小ずらし

大ずらし

 

を見事に成功させなければいけないのである。蜘蛛の糸をつかむことと同じである。

 

 

この、地獄のPPAP大喜利(2周目)だが、成功例が見当たらないまま、2周目を通り越して、3周目に入っていたりもする。

 

 

 

電卓でいえば、C×FをするまえにAC押すみたいなこの展開、素晴らしい。大ずらしをさらにずらすという構成が見事だ。言葉に関しては、この3周目系のPPAPが、裏切っていることが明確に伝わるし、適切な加工の仕方なのかもしれない。

 

と、つらつらと分析してしまったのであった。