音楽関係なんかいろいろ(あーりんとか、せいこうとか)

音楽系の話最近書いてなかったので連々と。

 

少し前になるが、9月19日は横浜が生んだ妖精、佐々木彩夏さんのソロコンサート「AYAKA-NATION」へ。私、実はももクロずっと好きなんですが、こういうワンマンライブは初めてだったりするのです。もっぱらYouTubeなり、CDなりで、草葉の陰といっても過言でない場所から応援してきましたが、佐々木彩夏さんが横浜アリーナでやるとなれば話は別。横浜市民としての誇りを胸に、雨の新横浜へ向かったのでした。

 

コンビニもあーりん推し。

 

予想通りの真っピンクな横浜アリーナで輝く佐々木彩夏さんにニヤニヤ。

 

カエラ芸人としての戯言。

 

そして、新曲の「あーりんはあーりん」がまた、ヒャダイン節炸裂で良し。あーりん!あーりん!「なりたい職業!あーりん!あーりん!」という歌詞が最高でした。あーりん!あーりん!

  

CDでは、ひしひしと待ち望んでいた宇多田ヒカル先生の新譜とリリスクちゃん

 

宇多田さんの『Fantôme』はもう、ここ2、3週間で何回繰り返して聞いたことか。特に『2時間だけのバカンス』をアホみたいに聞いています。2時間以上は聞いてるはず。この曲って現代日本の高みの音楽だと思うんだ。もう、ネットでの『Fantôme』に関する記事をディグりまくった結果、oの上の膨らみみたいのがサーカムフレックスという名前ということも知ってしまったよ。見聞が広まっているよ。

 

 

参加される方はご一報ください。

 

リリスクちゃんも良かった。このMV、まさにマジックアワーに聞きたくなる。最近、夕方時に、人と待ち合わせしていないなあ、とふと思う。秋の夕暮れで待ち人を思っている時間って幸せですよね。

 


マジックアワー / lyrical school

 

10/1は、いとうせいこうフェスへ。

https://www.instagram.com/p/BLBa1uUDhsv/

30年に一度のお祭り。30年のカルチャーを一度に浴びるお祭り。 #いとうせいこうフェス

 

そう、30年。私が生まれる前から、いとうせいこうは日本のカルチャーの土壌を掘り続けているということが恐ろしい。30年前に発売された『建設的』を始碑として、30年分のいとうせいこうの詰め合わせ、一方では日本語ラップ博覧会のようなラインナップ。

 

ああ、濃密な時間であった。とにかく、出演者がとてつもないし、やることも半端ない。コントで大きな木で首を吊っている設定の細野晴臣を見ることになるなんて!私よりも、ドンピシャな世代の人たちの衝撃度は計り知れない。これを見れる瞬間に立ち会えたのが非常に幸せである。もう30年後に再びいとうせいこうフェスがあってもなくても、私達みたいな若い世代がこの歴史的な2日間を語り継がなければならないと思ったのである。