しゃぶちゃかちゃかぶーん(『日本で一番悪い奴ら』観たマン)

『日本で一番悪い奴ら』を観た。 


映画『日本で一番悪い奴ら』予告編

 

 『凶悪』で人間の「悪っぷり」を描き、私をヒリヒリさせた白石和彌監督の作品。クライムムービーなのに笑える、そして哀しい。『フィルス』的な感情の揺さぶられ方をされてしまった。ああまたいい映画を見てしまった。今週のお題はこいつらだ。

 

主人公は綾野剛演じる諸星は柔道の有力選手。その力を買われて北海道警察に入ることになる。柔道指導は世界のTK高阪剛!もうこれだけで私はお腹半分満たされた感じであった。さらに菊野に武田幸三も出てくるなんて。それだけでありがとうと言いたい。

 

諸星は、刑事になり、“ダーク”なやり口でエースへ上り詰めていく。そのサクセスストーリーの気持ちよさと代償がこの映画の面白さだろう。それにしても、どうしても頭から抜けないのがひたすら繰り返される「チャカ」と「シャブ」というセリフである。もう「チャカ」が何丁、「シャブ」が何キロ、チャカチャカシャブシャブぶんしゃかしゃかぶーん!なんだか頭がトランス状態になってきた。隠語の過剰摂取。幸いなことに、観た後、しばらく経つが禁断症状は出てないようなので安心した。

 

『日本で一番悪い奴ら』のエッセンスを取り出すとすれば「正義」と「人間」ではないだろうか。『凶悪』でも山田孝之が“執念と化した正義”に動かされた記者を演じていたが、『日悪』でも「正義」が狂ってゆく過程がえげつない。点数のために、評価のために、サクサク違法捜査している道警の暴走。「正義」が「社会正義」の道から外れた瞬間に始まる不協和音を目の当たりにして、「正義」という言葉の難しさを感じる。

 

そして、その不法捜査の空気が漂う道警刑事の人間のだらしなさがおかしくて愛おしい。悪側とつるんで、成果をあげ、夜は女で遊ぶ。殺菌化された現代社会ではありえないドラマである。(ただ、これが実話ベースであったということが信じられない。)そして、悪い奴らの中でも芽生える兄弟関係。僕の中で相田みつをの妖精がぐるぐる回り出す。「にんげんだもの」って深い言葉!みつをってすげえや。