ゾグゾグしてるねん(『帰ってきたヒトラー』観たマン)

『帰ってきたヒトラー』を観た。

 


映画『帰ってきたヒトラー』予告編

 

ヒトラー」という響きだけで、なんだかゾクゾクしてしまう私はおそらくちゃんと歴史の授業を聞いてきたのだろう。そのヒトラーが現代に蘇ったとしたら・・・と考えたらゾクゾクがゾグゾグに増幅してきた。そのゾグゾグを実写化したのがこの映画である。タイムスリップ的にやってきたヒトラーが現在のドイツを吟味しながら、痛烈にドイツの今を映し出す。

 

なんといってもヒトラーを演じる主人公が“あまりにヒトラーすぎる”が故にドラマなのかドキュメンタリーなのかわからなくなる。実際に、ゲリラ的に撮影したようなカットもあって、過激なサインを出すドイツ国民も現れる。モザイクで覆われた一般市民が画面に映るたびにドキドキするのはなぜだろうか。この、ドキュメンタリーとドラマの境界線上でのヒリヒリする感じがたまらない。

 

映画の中で、ヒトラーは“最悪の技術”である演説で、民衆を巻き込む。あるものごとを聴衆者の身近なものに例えることで政治的物事に親近感を持たせる具合が絶妙である。(あくまでもヒトラー役が演じているのだが)ヒトラーの話術的な本を頭にぶちこんだ上で、この映画を見ると、ヒトラー役の演技力の精密さがわかるかもしれないね。と思い立ったが吉日、書店でヒトラーに関する本を購入してしまいました。ヒトラーの本をレジに持って行くときすごいドキドキするね。エロ本並のリスクバイ

 

さて、ヒトラーは現在に舞い降りて一大騒動を起こすのだが、私みたいな一、一般市民が未来の日本にタイムスリップしたらどうなっちゃうのだろうか。とは、妄想してみたものの、けっこう現実的に、もうその時には時空間移動はインフラになっていて、私が飛んでしまっても、珍しがられずにその辺の役所とかで、時空移動者証明書とかを申請しなければならないんだろうな。子孫がいれば申請は簡単なはずな気がする。結局しゃべりより書類が信頼できる。