砂ビルジャックレコード

カルチャーの住民になりたい

すごい女系ヒストリー(『パティ・ケイク$』観たマン)

『パティ・ケイク$』を観た。 www.youtube.com もういい年だというのに、ごくたまにラッパーになりたい時があり、YouTubeや歌詞サイトを駆使して研究しだす夜がある。ピアノもできない、ギターもベースもドラムも何の楽器もできないまま大人になってしまっ…

すぐ水浴びる(『君の名前で僕を呼んで』観たマン)

『君の名前で僕を呼んで』を観た。 www.youtube.com 夏が苦手である。というよりジメジメした気候が苦手であるといったほうが的確だ。しとしとと降り続く雨が止んだと思えば湿気と高温のマリアージュ。Tシャツ1枚で外に出られる嬉しさはあるが、どくにかか…

大阪だらだら旅行2

1日目はこちらから takano.hateblo.jp 大阪2日目の朝、実はひそかに狙っていた場所があったのだ。北浜で素敵な朝食が食べられるお店があると知って、隠密に行動していたのだ。旅先の朝食を制するかによって、旅の満足度が決まる(私調べ)。店名は「NORTH …

卒業生代表(『恋は雨上がりのように』観たマン)

『恋は雨上がりのように』を観た。 「恋は雨上がりのように」予告 『恋は雨上がりのように』という漫画の1話目を読んで、その風景描写に心が震えたことは今でも覚えている。ページをめくれば自分が3年間通った高校への通学路や横浜の町並みが忠実に描かれ…

大阪だらだら旅行1

少し前になりますが、大阪に3泊4日の旅行に行っておりました。日帰り出張のかたちで大阪に行ったことは何度かあるのだけれど、じっくりと大阪観光をしたことってそういえば無いなということで、まとまった時間を作って楽しむことにしたのです。 ただ、大阪…

果たして語れるのか俺(『レディ・プレイヤー1』観たマン)

『レディ・プレイヤー1』を観た。 READY PLAYER ONE - Dreamer Trailer [HD] ぼくたちスピルバーグ先生の最新作。もう公開前からワクワクしていたキッズはどれだけいるのだろうか。ええ私ももちろんそのうちのひとりでした。今からこの『レディ・プレイヤー…

何回シティーボーイ言うねん(『さよなら、僕のマンハッタン』観たマン)

『さよなら、僕のマンハッタン』を観た。 『さよなら、僕のマンハッタン』予告編 まことに恥ずかしながら自分のことをシティーボーイだと思っている。とはいっても所詮、横浜・東京だけに生息している程度のシティーボーイで、King of Cityであるニューヨー…

目玉焼き

我々はどうして目玉焼きという料理にそれぞれのアイデンティティを託して価値観を戦わせることが好きなのだろう。例えば焼き加減。とろっとした半熟派は、しっかり日の通した固めの黄身を好む者たちを親の敵のように叩く。その二党体制かとおもいきや世界は…

男も惚れる尻を持つ男・桃李(『娼年』観たマン)

『娼年』を観た。 www.youtube.com 一昨年に舞台で観た『娼年』が映画化されるというので観に行った。舞台はR-15だったが、劇場版はR-18。20世紀に生まれたことを誇りに思いつつ席についた。舞台版の感想をこのブログに書いているので、よろしければ是非。 t…

あなたの人生はドラマになります(『グレイテスト・ショーマン』観たマン)

『グレイテスト・ショーマン』を観た。 映画『グレイテスト・ショーマン』予告 周りの友人達が感想を興奮っぷり漏れっぱなしで喋っているのを聞いてて行かねばと思ってたんですが、ようやく完全に遅ればせながら観たのです。この作品が作られたのと同等の熱…

なんかいろいろ(8とか最近読んだ本とか)

私の応援する横浜DeNAベイスターズがまさかの8連勝!ついに一週間負け知らずで移動日を迎えるわけですが、全くこういう状況に慣れていないので、そわそわしているのが世のベイスターズファンの心情なのではないでしょうか。前半戦首位から最下位に転落した…

BastardのRestart(『クソ野郎と美しき世界』観たマン)

『クソ野郎と美しき世界』を観た。 「クソ野郎と美しき世界」予告編! あれから僕たちはテレビを、テレビ業界を、閉鎖的な物だと思うようになってしまった。コンプライアンスという重しをのされて、水分が抜けていくそれの状態を思えば、まだ見ぬ世界に足を…

あたまべんぴっぴ

なんだかすーっとしない毎日である。やりたいことはあるのに、それを具体的行動に移す体力が出てこない。春のせいにしてしまえばそれは簡単なんだけど、約3ヶ月は降伏しているということを言っているようなものでそれは幸福ではない。 あれもやるこれもやる…

ウェアラブル振動パック(『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』体感したマン)

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』を観た。もとい体感した。 映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』新予告 体感したのである。というのはどういうことか。先週、TOHOシネマズ日比谷がオープンした。そのオープニング記念のイベント…

コリンとニコール2連(『聖なる鹿殺し』観たマン)

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』を観た。 www.youtube.com 「しかめっ面」という言葉の語源をご存知だろうか。よくドラマなどでお金持ちの居間に鹿の首を剥製にしたものが壁に飾ってるのを見たことがあると思うが、その鹿の剥製…

一点の羨ましさなし(『ビガイルド 欲望のめざめ』観たマン)

『ビガイルド 欲望のめざめ』を観た。 映画『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』本予告 「紅一点」の対義語って何だろうとふと考える。答えが出ないので、ググってみたら「ない」のだそうだ。(つまり答えが出ないのはある種正解だ)「紅一点」という言…

新しいアカウントをつくったよの巻

Instagramで短歌専用アカウントをつくってみましたのでここで告知させてください。 www.instagram.com ここ最近短歌に対する情熱とか露出とか減少傾向にあるのを良くないと思ってて、新しい世界を広げるために開設しました。できるだけ写真をお題に作りたい…

ユーラシア大陸! 英雄の旅!(『15時17分、パリ行き』観たマン)

『15時17分、パリ行き』を見た。 www.youtube.com 所さんの「笑ってコラえて」の中で、最近はやってないようだが「日本列島 結婚式の旅」というコーナーがあった。所さんの導きにより選ばれた、結婚式を控えるカップルを主人公に2人の馴れ初めを再現VTR…

なんとなく完璧な最期(『ロング、ロングバケーション』観たマン)

『ロング、ロングバケーション』を観た。 www.youtube.com ニュースを見ていて死を意識することがある。最近で言えばサッチーだったり、大杉漣さんの名前を聞いたときだったり。同じ時代を生きていた人が別の世界に行ってしまう、それだけで私の中のほんの一…

Starcrawlerの話をさせてください

完全にそのビジュアルが醸し出す雰囲気で興味を持ってしまったのですが、LA出身のStarcrawlerというバンドが気になっていまして、このたび初来日公演の報をしっかりキャッチ。すかさずチェルシーホテルへのチケットをゲット。初来日公演の初演という激レアな…

かたちなんていらないよ(『シェイプ・オブ・ウォーター』観たマン)

『シェイプ・オブ・ウォーター』を観た。 www.youtube.com 邦画を映画館で観に行くと、高校生の恋愛モノの予告編が必ずと言っていいほど流れる。最近は、オラオラ系と王子系(もしくは真面目系)の二人の男の子との狭間で揺れ動く私みたいなやつ。女子高校生…

なんかいろいろ(漫才とか漫才とか)

2月が28日ないし29日しかないことは知っているけど全く慣れない。むしろ年を経るごとに2月のスピード感についていけなくなっている気がする。観たいと思った映画も一部しか見れていないし、Amazon Primeのウォッチリストはひたすら増えていく。ブログも全然…

煙のようにたゆたう彼ら(『リバーズ・エッジ』観たマン)

『リバーズ・エッジ』を観た。 www.youtube.com 最近、生きているか死んでいるのかわからなくなりかけた。外に出たときのこと、スーパーへ入ろうとする私。その瞬間、ふと異変に気づく。自動ドアが反応しない。気づいたときにときすでに遅し。自動ドアにゴチ…

お前が独白するんじゃないよ!!(『殺人者の記憶法』観たマン)

『殺人者の記憶法』を観た。 www.youtube.com 「記録より記憶に残る選手」みたいな表現があるけれども、もう選手として活躍しているからには、公式記録が残るわけで、この「記録より記憶に残る」という枕詞は私達のような、この先、一生公式戦ということを経…

以前、以後に分かれる

平昌オリンピックが始まった。採点競技で、ひとりずつ、ひと組ずつの得点が決まって一喜一憂している様を見ていると、どうしても私の頭の中にM-1が出てくるのである。スノーボードだったか『採点に時間がかかってますねえ』という解説もなんだかソワソワする…

空を飛ぶ男の実在性(『ジュピターズ・ムーン』観たマン)

『ジュピターズムーン』を観た。 www.youtube.com 木星には69個もの月があるという。月はただひとつだと思っている我々地球人としてはなかなか想像しにくい事実でもある。ガリレオが4つ見つけたことは聞いたことあるけどその10倍以上も存在しているし、…

なんかいろいろ(あの日の大雪とか観ているドラマとか)

なんかいろいろ更新しないままにもう2月になってしまった。立春も過ぎてしまった。TwitterとInstagramをひたすら眺めていたら1ヶ月経ってしまった。タイムフライズ。 東京を真っ白にしたあの雪も溶けてしまった。いつになく積もる雪が想像したとおりの雪だ…

いつだって朝日は広告看板を照らす(『スリー・ビルボード』観たマン)

『スリー・ビルボード』を観た。 『スリー・ビルボード』予告編 | Three Billboards Outside Ebbing, Missouri Trailer スタン・ハンセンの入場曲「サンライズ」を初めから聞いたことはあるか?往年の乱闘シーン用BGMとなっているこの曲だが、実は曲の冒頭は…

嘘でも愛してくれ(『嘘を愛する女』観たマン)

『嘘を愛する女』を観た。 「嘘を愛する女」予告 私の見た目は病弱に見える。見た目的な病弱感で言えば高橋一生と等しい。きっと属性的に言えば同じグループであるのに、それなのにモテっぷりが雲泥の差だ。雲泥どころでない。私はマントルだ。メリメリ埋ま…

有安杏果とキーロック

ameblo.jp 盤石だと思っていた5 The Powerからひとり抜ける知らせは電流だった。私の知り合いの緑担当の数名もこの大悲報に悲しむことさえも出来ず、あっけらかんとしておりました。「いつまでもあると思うな親と推し」ということわざが私の心にまたもや突き…