砂ビルジャックレコード

カルチャーの住民になりたい

この年になっても初めて知る日本語、初めて知る漢字があるというのは嬉しいことだ。私が巡り合ったのは、「猋」という漢字。犬を書いて、犬に犬である。読み方は「ヒョウ」。犬が3匹いるのにネコ科。意味は、「犬が群がり走るさま」だそうだ。犬という字を3つ重ねて群れを作り出しているのか。

 

 

3つ重ねる手法は「森」が有名だ。群れを表す策として最低限同じ漢字が3つ必要というわけか。そらだいたいのものは3つあれば物足りる。三角形だって文殊の知恵だってPerfumeだって2つじゃだめなんだ。かといって4つだって多すぎる。一、二、三と棒を重ねるだけだったのにいきなり四になるのは、単純に棒線を数えるのがめんどくさいからじゃないか。数え間違えても大変だし。やはり、先人の考え方は合理的だ。

 

 

「猋」や「森」のように同じ漢字を重ねて、新たな意味を成す字のことを「理義字」というそうな。嬉しい。またひとつ新しい日本語に出会うことができた。先人はWebの使い方も上手でウィキペディアに「理義字の一覧」が載っていた。よだれが止まらない。

 

 

「品」「晶」のようなおなじみのやつらも理義字の一味だったとは、お前らは意外な一面を隠していたんだな。一覧を眺めると「猋」のように、動物・生き物を3つ重ねた漢字が多いことに気づく。「犇」「蟲」「贔」とかろうじて見たことがあるやつらもいれば、「驫」「鱻」のように画数多めの動物でできた理義字もあった。ちなみに「驫」は「猋」と同じような使われ方で「馬が多く走る様子」という意だそうだ。読み方は「ヒョウ」、、犬も馬もネコ科だった。

 

 

えぐい画数の理義字も見つけた。「龘」。龍を3つ重ねるという中学生的発想。こんなんジャポニカの漢字練習帳に書いたらノートも小指の付け根も真っ黒になってしまう。意味は、「龍が空を行く様子」とのこと。己の人生で使う場面はいつか現れるのだろうか。「キングギドラ」という意味ならまだ使うチャンスはありそうなのに。

 

 

話は「猋」に戻って、ふとある曲の歌詞を思い出す。

お金持ちが同じ犬3匹
引き連れて華麗にwalking毎日

ーSummer Holiday / chelmico

この情景描写も見事だが、待ってくれ。1匹だといいが、犬が3匹揃うと走り出すんだぞ?彼らのスピードにお金持ちはついていけるのか?大型犬の777なら、そこらへんのデカ帽子マダムは引きずられて跡形もなくなってしまう。せめて2匹にするんだ。3匹だと融合がはじまってしまう、、、走り出す前にそのリードを離すんだ!すべては命のために、、、、、あれ、起きない。なぜなんだ?

 

 

「鑫」・・・「金銭や財産などが多いさま」

 

 

金も理義字モードを持っていたのか。そら犬もゆっくり歩きますわ。「金」も3つまとめるなよ中国人。マイケル・フェルプスかよ。

 

底なしハチミツ沼(『プーと大人になった僕』)観たマン

プーと大人になった僕』を観た。

www.youtube.com

 

ウィニー・ザー・プーというやつは恐ろしい。まだ幼かったぼくたちの前に現れては、個性が強すぎる彼の仲間たちとともに悠々とした生き方を提示してくる。小脇にはハチミツの壺。ぼくたちが1年間ハチミツを食べられなかったことを知っているかのように腕をぐぐっと壺に突っ込んでは顔面に塗りたくる。大人への1段目に登場するハニーrトラップ。こいつは思ったより強かなやつだったんだって、大人になってから知る。

 

いつしか大人と呼ばれる段数まで上った私に、私たちにプーはとんでもない仕掛けを施す。くまのプーさんが実写化だと?人間であれば捕まってしまうファッションスタイルのぬいぐるみが実写化されるなんて。大人になり、父になったクリストファー・ロビンがプーと再会する物語だと?なんだよそれ、めっちゃ面白そうじゃねえか。あまりディズニー映画は観ない私だけども気になって観に行ってしまった。

  

中間管理職となったクリストファー・ロビンに突如、自らの部署の存続をかけたプレゼンという課題が降ってくる。プレゼン発表は月曜日だ。家族と過ごすはずの休日を返上して、資料作成に取り組むクリストファー・ロビンだが、そんなときに限って黄色い悪魔は微笑む。プーと再会することから物語が大きく展開するのだが、プーがどうしても「学生のときにサークルにいたメンヘラ元彼女」にしか見えなくて仕方がない。

 

もう社会の一部となり働くロビンと、ぬいぐるみとして永遠にそこにとどまり続けるプーではもう同じステージではない、とロビン自身も思ってたはずだ。それなのにプーとやらは「何もしないのが一番だ」と言い出すし、「仕事は風船より大切なもの?」という、綿綿の思考回路から導き出されたえげつない質問をしてくる。そんなプーのマイペースにハマってしまいずぶずぶと、はちみつの沼に落ちていくロビン。

 

ああ、これは美しい堕落との再会だ。この現代において息苦しい社会から逃げ出す手段はもはやない。浪費、浮気、Webでの誹謗中傷書き込み。このような醜い解消法に手を出しても、バレてしまい倍になって返ってくる。ただ、ただひとつだけの非常口は、、、プーだったのだ。プーであれば、森の中だから浪費はしないし、無機物なので「浮気」ではない。誹謗中傷なんて100エーカーの森で書けるものか!かつてのメンヘラ恋人のようなプーこそがロビンを救う蜘蛛の糸もとい、滴り落ちるはちみつの糸だったのだ。

 

そういえば、ぼくが小さい頃によく振り回していたぬいぐるみはどこへいってしまったのだろう。

薄皮一枚のフィクション(『パパはわるものチャンピオン』観たマン)

パパはわるものチャンピオン』を観た。


映画『パパはわるものチャンピオン』予告編

 

プロレス好きで、映画好きな私なので、プロレス映画というのはハンバーグカレーみたいなものだ。しかも主演がプロレスラー、しかも"100年に1人の逸材"棚橋弘至がやるというわけだ。和牛ハンバーグが大胆に乗ったカレーだ。食べない訳にはいかない。

 

そして棚橋弘至演じる大村孝志の息子役は寺田心くんだ。そう考えるとカレーは髪の毛のように比較的サラサラなのだろうか。食べやすいけど喉奥からぐっとスパイスが効いてくるような。きっと手間隙かかったものだ。そんなハンバーグカレーが1800円なら食べにいくでしょ?老舗の洋食店のハンバーグカレーと考えてご覧なさい。いつのまにかお腹が減ってきたが、これは映画だった。

 

息子にプロレスラー、しかも悪役であることを内緒にしてきたかつてのエースレスラー・大村だが、ひょんなことからその正体が息子にバレてしまう。ピークを過ぎた往年のレスラーが再起を図って挑むという構図はミッキー・ロークの『レスラー』を彷彿とさせるが、刹那的で破滅的なランディ・ロビンソン(孤独に命を燃やす感じもたまらない!)と違い本作の場合は、レスラーのとともに一人の父親であり会社員という属性が非常に強く、それゆえ、大村が抱える葛藤も、我々に身近なところにある。社会の一部としての悪役レスラーであるゴキブリマスクが丁寧に描かれている。

 

プロレスラーがプロレスラー役としてプロレス映画をやっているのだから、映像としてのプロレスはまごうことなき本物の迫力だ。四方を観客に囲まれるスポーツでありながらも、会場では体験することのできないアングルで一進一退の攻防が観れるのは映像ならではであり、かつて映画館でやっていたG1 3Dが生かされていたのならいいのになあと思ったり。

 

 

プロレスについての知識がある人間にとっては、もしくはこの間の情熱大陸を観た人にとっても少なくとも「いや、大村って棚橋そのままやないかい!」とつっこんでしまいたくなる。奪われた団体のトップの座、頂点を取り戻そうもがく美しさ、膝の激痛、家族への愛。なにもかもが棚橋だ。そのキラキラしたものの裏には圧倒的な努力と気力が潜んでいることを僕らは知っている。

 

そんな超人、棚橋弘至に、大村孝志=ゴキブリマスクという薄皮一枚ほどしかないフィクションをかぶせることによって、プロレスを知らない人たちであっても、大村(=棚橋)に対する感情移入がしやすくなっている。理想と現実、エースとジョバー。ひとりの父親と社会のうちのひとり。そんなものさしの使い方を知って、自分の人生にあてはめてみる。気づかぬ間にわたしたちも社会で生き抜くためのマスクをかぶっている。