砂ビルジャックレコード

カルチャーの住民になりたい

英語字幕をくれよ(『ブラインドスポッティング』観たマン)

『ブラインドスポッティング』を観た。

 

www.youtube.com

 

バディムービーが好きだ。主人公2人の関係性にニヤニヤしつつも、2人が力を合わせて敵に立ち向かう姿や、ゴールへ足並みを揃えて向かう展開に心を動かされる。今年の作品で言えば『グリーン・ブック』に『名探偵ピカチュウ』に『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』もバディムービーだ。仕事仲間でも、白人でも黒人でも、人間とポケモンであっても、絆が生まれれば応援したくなる。

 

この『ブラインドスポッティング』もバディムービーのひとつだ。舞台はアメリカのオークランド。ここの幼馴染である黒人のコリンと白人のマイルズが主人公だ。あと3日で1年に及ぶ指導監督期間が終わるコリンは、その夜、引越し業者の仕事の帰りに白人警官が逃げる黒人の青年に銃を連射する場面を目撃してしまう。そこから物語が徐々にうねり始める。

 

まず、バディのコリンとマイルズの対比が非常に興味深い。黒人で、指導監督期間中なために真面目な生活態度、まだ関係のある元カノはヨガや青汁などが好き、そんな特徴を持つコリンに対し、マイルズは白人で悪ガキ気質、体のあちこちにはタトゥーがあり、奥さんと娘がいる。新しくできたヴィーガン用のハンバーガショップにブチギレたり変わりゆくオークランドに対して悪態をつきながら生きている保守的(穿った見方をすれば時代の変化を拒絶している)な考え方の持ち主だ。

 

アメリカやオークランドの抱える社会問題をちらつかせながらも、人種も立場も考え方も違う2人がすれ違っていくのが見どころだ。黒人青年の射殺事件をきっかけに、未だに土地に残る差別意識や習慣がコリンの目を通じて、観客に届けられる。この『ブラインドスポッティング』とは盲点のこと、白人側から見る世界と黒人側から見る世界には、それぞれ見えない部分が存在しているということだ。ときに絆はコリンとマイルズを苦しめたりする。

 

黒人と白人の社会問題を描いた作品は数あれど、本作のユニークな点は時折セリフがラップ調になるところだ。私はそこまで英語のヒアリングはできないけど、明らかに韻を踏んでるなということは理解できた。コリンとマイルズがラップで言葉遊びしながら街を練り歩くシーンは微笑ましいし、物語の軸となる黒人青年射殺事件がクライマックスを迎えたときに、衝撃的なカメラワークとともにはじまる魂のラップは、数ある映画のラップシーンの中でもベストに入るものだと思っている。本当は日本語字幕の上に英語字幕でもいいから載せてほしかった。ヒアリングも頑張るけど速読も頑張るよ。はやくNetflixで配信されるのが楽しみな作品である。

 

 

 

底で笑う男(『ジョーカー』観たマン)

『ジョーカー』を観た。 

www.youtube.com

 

TEDにこんなスピーチがあった。スウェーデンのある大学の研究結果によると、笑顔の人を見て、しかめっ面になるのは難しいとのこと。笑顔には伝染しやすい性質を持っているからで、人間は他人の笑顔を見て反射的に真似することにより、笑っている他人の感情を推し量ろうとするらしい。へええ、笑顔にそんな機能があったなんて。笑いが伝染するというのは、経験的に納得ができる。たとえば笑顔の赤ちゃんと周りの親戚、半永久的に伝染作業をくりかえすカフェのおばさまたち、濱口優の「笑う男」、僕ら人間は笑顔をコミュニケーションの触媒として生きている。*1

 

しかし、『ジョーカー』を見ると、その研究結果が正しかったのかどうか不安になる。あのバットマンシリーズに登場する究極のヴィラン、ジョーカーの生い立ちに迫った物語だ。ゴッサムシティに住むコメディアンでの成功を夢見るアーサーという男が、なぜ、悪の道に進んだのか、ジョーカーというアイコンになったのが描かれる。エピソードゼロ的な位置づけの作品だ。

 

アーサーはゴッサムシティのあるアパートで母親と二人暮らし。決して富裕層とは言えなくて、ピエロ派遣業として生計を立てている。その仕事のシーンから物語が非常に物悲しい。街の悪ガキに弄ばれたり、派遣先の病院で問題を起こしたり、鈍くさいと片付けてしまえばそれだけなのだが、とにかく不運が重なってアーサーはドン底に落ちてしまう。気づけばこれがジョーカーへの覚醒の始まりであった。

 

そしてアーサーを演じるホアキン・フェニックスの演技よ。狂気が人のかたちをしているようだ。アーサーは、突発的に笑う病気を持っていて、その笑い方がなんともおぞましい。なんというか...笑いと悲しみと怒りが全て等分に入り混じったような感情表現で、わずかに笑いが34%あるといった感じ。あんな笑顔で迫られたら、つられ笑いなんてできないよ...だからスウェーデンの研究は違ってると思ったのだけど、このジョーカーがアイコンになるのだから、”伝染力”という意味ではあながち間違っていないのかも。笑顔も悪のアイコンになった秘訣なのか。

 

サクセスストーリーといえば一般的には、敵を滅ぼして王になるとか、優勝してチャンピオンになるとか、ヒット商品が当たって社長になる、みたいなものだけど『ジョーカー』も立派なサクセスストーリーといって過言ではないだろう。アーサーがとにかく下へ下へ堕ちていく。堕ちていくアーサーをゴッサムシティの市民も観客も止めることができない。というか誰も止めようとしない。我々は、堕ちていきながらも”成り上がる”アーサーの奇妙な人生を目撃しなければならない。

 

その"成り上がり"として、象徴的なのが階段のシーンだ。この映画では「階段とジョーカー」が映るシーンが複数現れる。その瞬間にジョーカーが何をしていたのか、そのとき階段には誰がいたか意識しながら見てもらいたい。私には、この階段の奥の奥に、富裕層と貧困層という社会的構造が透けて見えた。アメコミを原作とした話なのに、どこか絵空事と思えないのが非常に怖かったりする。

 

 

ロンドン降臨記3

私が前々から行きたかった聖地はここだ。

 

youtu.be

 

僕にイギリスへのあこがれを強烈に与えた作品『トレインスポッティング』のエンディングで、レントンユアン・マクレガー)が、ヘロインで儲けた大金が詰まったバッグを持ってトンズラするシーンがある。このときに、レントンが小さなトンネルをくぐるカットがある。このトンネルがロンドン市内にあるのだ。便利な時代なもので、位置はすぐに特定できた。そして、ついに...

 

 

f:id:nigaichocolate:20191001231014j:plain

できればボストンバッグを持っていれば尚良しだったけど、感慨深い。見落としてしまいそうな路地を高校生のぼくはDVDを通じて憧れていたのだ。レントンはこのトンネルをくぐって、沼のような暮らしから脱出したのだ。フィクションだけど、レントンのドラマを思い出して胸が熱くなった。アナザースカイに出る千載一遇の好機があればもう一回訪れてやる。

 

日も暮れて(といっても20時とはいえない明るさにビックリだ)、お腹も減ったので、カレーを食べに行く。カレー好きの私だからこそ、カレー粉が生まれた国のイギリスで、移民文化が馴染んでいるロンドンで食べたかった。ロンドンで有名なインドカレーレストランのひとつである「Punjab」へ。 

 

日本のインドカレー屋さんは、カフェっぽかったり、居抜きをうまく活用した内装だったりするけど、Punjabはいかにもレストランというような高級感あふれる雰囲気で、こんな若輩者が入っていいのか、とビビる。メニューの中からマトンビリヤニとバターチキンカレーをいただく。仏壇の鉢のような入れ物にパンパンに詰まったビリヤニが美味い。マトンも噛めば噛むほど旨味が出る。今までのビリヤニランキングを更新して1位になりました。バターチキンカレーもハイクオリティ。ありがとうPunjab。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

instakanoriさん(@iam_instakanori)がシェアした投稿 -

 

お会計直前で、トイレに行ったんだけど、入り口に20歳ぐらいの若者が1人。どうやら連れがトイレをしているのを待っているようだ。私が用を足そうとしていると、個室の奥からずっと「Fxxk!Fxxk!」と連呼する声が。どうやら酔っ払っているようだ。ロンドン旅行で初めての「Fxxk」に遭遇してしまい、精神が揺らぐ。はやくこの若者が個室を出る前に立ち去りたいけど、なかなか出るものも出ない。呼吸を整え、なんとかその個室の男と鉢合わせることはなかったけど、もしかしたら私の目と鼻の先で「Fxxk!」と言われたかもしれない。思わぬところに危険がある。

 

そんな恐怖心も、満腹中枢のおかげで消えてしまい、眠い目をこすりながら宿に戻る。なんだ、ロンドンの料理おいしいじゃん。