砂ビルジャックレコード

カルチャーの住民になりたい

奇数音と偶数音

感動したとき、衝撃をうけたとき、それをなんとか言葉にしようと、あわよくば自分なりの表現方法に記そうと思うのだが、それが出来ない。もどかしい。なんとか脳で思ったことがそのまま言葉となって落ちてくる脳内回路を開拓したいのだけど、小さな掘削員たちはまだ発見できていないみたいです。

 

短歌をこつこつ作っていて、するっと出来るものもあれば、ああでもないこうでもないと唸りながらピンセットを使うように紡ぐ。満足いくものが出来たら嬉しいけど、ただこれを見せようとなるとなんだかもったいなくなる。Twitterでひょこっと作品を発表できる人は、度胸があると思う。完成したボトルシップを川に浮かべるようなことを簡単にやってしまう。あっという間に時流の底に行ってしまうのに。

 

最近読んだ本の影響を受けて、短歌でディレクションするという目標が出来た。(これは、短歌には限らないけど。)「受け手に委ねる」なんて無責任なことを言わずに、しっかり、そのものを読んだ人、感じた人に99%同じ風景を見せるようにしたいのだ。そこまでディレクションして、はじめて残りの1%を「受け手に委ねる」ことができるのではないか。そう気づいたとき、いかに自分の作ったものが自己満足に溢れていたのかと思って恥ずかしくなる。その場しのぎの甘美な言葉で満足するような人間はもうやめよう。

 

とはいえ、短歌も出がらし気味だったので、頭の体操を兼ねつつ若さに任せてラップのバースを作ってみた。韻を踏むのは結構好きだし、ある程度短歌を作っているので、という変な自負があったがそもそも作り方が違うではないか。57577が全くリズムに合わないのだ。

 

そういえば音楽って偶数が主の世界だった。48488で32音だからと、melodyに合うように変化して、韻を踏む。そしてtofubeats.feat 森高千里の「Don't stop the music」のinstに合わせてラップしてみる。清々しい恥ずかしさだ。とはいえ、自分がラップし終わった後に森高千里がサビを歌ってくれるので高揚感がとてつもない。これはいい遊び方を知った。

 

melodyがあればラップ、melodyがなければ短歌に。そんな感じで行きたい。

 

 

真実の真実性(『三度目の殺人』観たマン)

三度目の殺人』を観た。

www.youtube.com

 

果たして、私はこの先の人生の中で何度、福山雅治という人物にかっこいいという感情を抱くのだろうか。もう飽きるほどかっこいいと思っているのにもかかわらず、同じ感情を抱いてしまう。頼んますから色気分けてくれ。

 

takano.hateblo.jp

 

そんな色気むんむんなマシャの最新作が是枝裕和監督の『三度目の殺人』だ。マシャは弁護士・重盛を演じる。殺人の前科がある容疑者・三隅(役所広司)が新たに起こした殺人事件の担当をすることになった重盛は、調査を開始する中で、新たな真実を知るミステリー・サスペンス映画である。法廷をめぐる重厚なドラマで、吹いてもいない冷たい風を感じるような作品であった。特にマシャと役所広司との面談室でのシーンがすさまじい。

 

本作で考えたくなるのは、“真実の真実性”だ。報道の内容、容疑者の証言、検事側の言い分、関係者だけが知っている事実。公になるもの、公にならないもの、信じたいもの、信じてはいけないもの。情報というのは本当に扱いづらいもので、手に入れた情報をもとに我々は“真実らしい”真実を作っていこうとするのだが、そこに嘘があればそれは真実ではない。しかし、司法があるからには、真実は作らなければならない。

 

この裁判における“真実”の作られ方が考えさせられた。ほぼ唯一、真実が公的となる場所だ。絶対100%の真実が作られる状況でない場合、何を真実とするのか、不都合な事実はどうするのか、天秤のようにつり合う結果を“真実”として収めるのか、真実製造工場としての裁判所が抱える不安要素というのを感じ取れる作品ではないか。

 

裁判所は真実メーカーだったのか。野菜のように「この真実は私が裁きました」みたいな顔写真付きの判例集が出て来る世界を想像した。

 

 

 

バイオニックドラえもん(『スイス・アーミー・マン』観たマン)

スイス・アーミー・マン』を観た。

www.youtube.com

 

キャンプなどに持っていくマルチツールに弱い。東急ハンズなどで売り場を見つけるとじっとその性能を見てしまう。キャンプは趣味ではないし、十徳ナイフは買ったことも使ったこともないけども。あの小ささで色々なことに使えるという器用さに、勝手に自分を重ね合わせて「ああ私も十徳ナイフのような人間になりたい」と思ったりもする。

 

この『スイス・アーミー・マン』というのは、十徳ナイフの通称「スイス・アーミーナイフ」から来ている。十徳ナイフのように様々なポテンシャルを持っている人物を想像するがその通り、この映画に登場するメニー(演じるはダニエル・ラドクリフ)は八面六臂の大活躍をする。ただし、死体なのだ。世界一有名な魔法使いのくせに死体なのだ。

 

ポール・ダノ演じるハンクが無人島に漂流しているところから物語が始まる。絶望の淵にいるハンクが見つけたのが打ち上げられた死体・メニーだ。メニーの奇跡的な“搭載機能”を発見したことにより、無人島への脱出計画が始まる。まず、ハンクがメニーのスイスアーミーマンっぷりに気づいた瞬間があるのだが、その美しさ、生き延びる希望を見つけた喜び、生に満ちた疾走感がたまらない。数日ぶりに熱いシャワーを浴びたような気分になる。

 

偶然打ち付けられた死体が、無人島脱出の秘密兵器となるというストーリーのくせに、そこまでシュール性を感じない。何故ならば、振り向けば死という極限状態の中で、とにかく生きようとする執念や、走馬灯のような描写、自然の恐ろしさといった、生きることの鮮やかさを実に映画的に表現しているからである。

 

ハンクが生きたいと願えば、死体が奇跡を起こす。この性能なんでもありなのかよ!というやり過ぎ加減も愛しい。もはや、この神話のような展開を積極的に受け入れてしまっている自分がいる。それは、ドラえもんのようだ。適した人に救世主が与えられるとこうなるのだ。

 

ハンクとメニー、生と死の間にいる二人のやり取りを観ていると不思議と癒やされる作品だ。生きているって素晴らしい。ただ、前言撤回させてほしい。メニーのような永遠十徳ナイフのような人間になりたくはない。死んだら還らせてくれ。