オオネストロングスタイル『奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』観たマン

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール』を観た。長え。

www.youtube.com

 

思春期に観た奥田民生のMVに衝撃的を受けたのを覚えている。生意気にも十数年生きてきてある程度の音楽を聞いてきたつもりであったが、なんというか“塩で音楽を食う旨さ”を提案してくれたのが奥田民生であった。絵本の文章のような歌詞かと思えば重厚なギターサウンド。歯を治しにいかねばならない義務感さえかっこよくなる男ってなんなんだよ。そんなわけで、私も見事の“奥田民生になりたいボーイ”となりました。

 

本作の主人公もふとしたきっかけで奥田民生のかっこよさを知る。(そのエピソードがわかる!)きっと、奥田民生になりたいボーイになったものは皆、それぞれ固有の出会いがあると思う。提案されるかっこよさをまんま受け取るより、己の中でかっこよさを見つける喜びを知ったというか。そんなOTボーイのコーロキを演じるのは妻夫木聡。一方、狂わせるガールが水原希子。(生まれはテキサス)

 

正直、原作も読んだ側から言わせてもらえば、水原希子はミスキャストで萎えるなあと思っていたのだが、ところがどっこい。完全なる“出会う男狂わせるガール”だった。オレゴンにある磁場がめちゃくちゃになる所ぐらいの狂わせるガールを演じきってみせたのだ。生まれはテキサスなのに。そういえば原作は『奥田民生になりたいボーイ 出会う男すべて狂わせるガール』だったのに『奥田民生になりたいボーイ出会う男すべて狂わせるガール』と「」がつきました。もっと長え。

 

「と」が付くことで、OTボーイとDKガールは並立の関係のように思えるが、正しくは『奥田民生になりたいボーイ出会う男すべて狂わせるガール』と、「所有」したい欲望がひとつのポイントになるだろう。本作の大根監督の作品に、主に以下の特徴がみられる。

  1. 男性目線のボーイ・ミーツ・ガール
  2. ヒロイン役は、おじさんにも優しくしてくれそうなイメージの女優
  3. ブラック業務的なメディアという生業 
  4. リリー・フランキー

私はこの4点をオオネストロングスタイルと呼んでいるのだが、(他に特徴があればお知らせください)この原作の物語の雰囲気と、登場する男性陣の気持ち悪いがままの「所有」欲が、大根監督の作風に見事にマッチしているのである!これこそオオネストロングスタイル!素晴らしい乗りこなしっぷりである。

 

この作品で着目したいのは、観客が恥ずかしくなるぐらいキスシーンが多いことだ。え、そんなスパンでキスする?息もつかせぬキスシーンたち。そして、水原希子のキスがえぐい。下顎からすべてを受け止めるような口づけ方にゾクッとする。キスの仕方がアンダースローなのだ。なんなんだ。そういえば姓が「水原」ではないか!野球狂の詩!!

 

個人的には、妻夫木聡と同じ職場で働く新井浩文の、終盤での“ドラえもんのくだり”にニヤッとする。こういう、知識詰め込み層を狙い撃ちしてくる大根監督に私は抗うことなどできない。奥田民生になりたいボーイの私だが、こんな恋愛はしてみたく...否....チャンスがあれば沼にハマってみたいボーイだ。奥田民生のように力を抜くにはドラマティックな恋愛経験も必要な気がする。

 

英雄なんていらない(『ダンケルク』観たマン)

ダンケルク』を観た。

www.youtube.com

 

映画館の灯りがついたとき、ホッとした自分がいた。今は2017年。かろうじて平和な国で好きなようにお金を使って海外の監督の映画を見ている。まるで第二次世界大戦の戦場に投げ出されたかのような苦しみを味わう。そんな100分であった。

 

クリストファー・ノーラン監督の最新作。もうそりゃ公開日の朝一に観に行きますよ。『メメント』で思考回路を破壊され、『ダークナイト』で心を破壊され、『インセプション』で無意識までも破壊されたのですもの。今度はどんなテーマかと思えばWWⅡで実際にあった「ダンケルク撤退作戦」であった。それで観に行ったあとの最初の感想が、"苦しい"だった。爆撃、水没、銃声。不協和音のようなBGMで不安を煽られる。今度は精神を破壊されそうだ。

 

ダンケルク』は3つの視点で描かれた物語が複雑に絡み合ってできている。

①防波堤からイギリスへ脱出する男たちの1週間

②脱出の手助けをする民間人の船の1日

独国空軍の攻撃を阻止する英国空軍パイロットの1時間の攻防戦

同時進行して、物語が進むのだが、いかんせん時間の伸び具合が異なるので、最初は頭のなかで何がどう起きているのか整理できない。まるで最後尾の兵士のように、なんとか追いつこうという気持ちで話がすすんでいく。すぐノーランはこういう変態な発明をする。(だが、そこが好きなのだよ!)徐々に3つの物語が結末に向けて接近していく。「あ、あれ、さっき見た!」ということが往々にしてあるので、注意深く観察(もう脳トレに近い)しつつ、物語を整理していただきたい。

 

戦争映画で出てくるのは英雄の存在だ。『ダンケルク』では、陸・海・空それぞれのストーリーラインに“英雄”が誕生する。しかし、英雄の誕生を見届けたのに、私は、結果から言えばなんだかやるせなくなってしまった。彼らが英雄になった背景を考えると胸が痛む。自然に英雄なんて生まれないのだ。英雄なんていらないし、なるものでもない。

 

(話はそれるが、“英雄”って“イギリスの男”って文字面になるから、そういう語源かと思ったら全然違いました。)

 

私は、ダンケルク撤退作戦のことを知らなくて、本作の鑑賞後にWikipediaで学び、また、胸が痛くなった。事実に基づいた作品なので、この映画だけを切り取って見てしまうのは損である。

ラップ大好きおじさん

直近で2件ライブに行ったので、そのまとめを。

 

9月7日はKICK THE CAN CREW復活祭を観に武道館まで。8月30日に新譜がリリースされ、この日まで何回も何回も電車の中で繰り返し聴きながら気持ちを高めていった。ライブ前の私は、さながらテストを控える受験生、12回戦試合を迎えるボクサーなのだ。

 

https://www.instagram.com/p/BYYR5FXjI3N/

大人になってキックの新しいアルバムを買うことができる幸せ。聴く前からドキドキしてる!#kickthecancrew #ktcc #little #kreva #mcu #小島さん #畠山さん #小泉さん

 

KTCCだけのワンマンでないところがなんとも憎らしい。大好きなRHYMESTER藤井隆(俺らの隆!)日本語ラップの起源・いとうせいこうに、倖田來未(!!)想像できるサプライズと想像できないサプライズがあるんだろうなあとぼんやり思いながらも武道館の照明が暗くなる。

 

なんてたって、文脈を感じさせる曲をチョイスするのが非常にニクい。KICKが「全員集合」で復活祭の号砲を鳴らせば、RHYMESTERは「ONCE AGAIN」でKTCCの完全復活を祝う。

 

私の裏メインは藤井隆。つまり隆だ。最近の藤井隆の活動っぷりを良く知っている人たちこそいわゆるアウェイの隆にニヤニヤしていたのではないか。武道館で躍動する隆の美しさたるや。お前らの知ってる隆はこんなもんじゃないぞ!「Quiet Dance」で登場した宇多丸さんの熱い隆愛に深く頷く。新しいアルバムも素晴らしい。

 

 

倖田來未さんとは、はじめまして。完全なる未知との遭遇でしたが、彼女のストロングスタイルをまざまざと見せつけられてしまった。腹斜筋の仕上がりっぷりにプロフェッショナルを感じる。一番衝撃的だったのがMCで、なんで私が呼ばれたのかわからないという自虐な話の中で、「そのメンバーの中に、わて?」という発言にノックアウト。数ある日本語の一人称の中から「わて」を選択するセンス。そして「わて」と名乗るにふさわしいキャラクター。この人のセルフプロデュース力恐るべしだ。

 

トリのKTCCは言わずもがなだ。「千%」からはじまるセットリストはヒット曲が終わらない状態で、会場中が半永久的に興奮状態だった。目の前の席のお姉さんは細かい合いの手にもしっかりと反応していて最高だ。RHYMESTERが同じ会場にいるなら、と予想していたがやっぱり「神輿ロッカーズ」をやってくれて申し分ない。(CDTVでは「100ball+2」を演ってたし、出し惜しみなし!)ほんとに幸せな時間だったなあ。

 

10日は、chelmicoの「EPでたよパーティー」を観に渋谷VISIONへ。今年一番ハマってる二人組、chelmicoがパーティーやるっていうんだから行かない理由はない。ゲストもTempalayにJABBA DA HUTT FOOTBALL CLUBというメンツ。お得感がすごい。

 

chelmicoのステージでのことだった。突然「カバーでーす!」という合図とともに、小さな頃から聞き覚えのあるイントロに思わず体が動き出す。同時に出てきたのはJDHFC。2人MC+4人MC=6人MCで「TORIIIIIICO!」だ!!予期せぬサプライズに、今月で一番大きい声が出る。

 

KICKの武道館と連続で行った私にとっては、武道館で燃えた火種が、VISIONに飛び火したような感覚だ。「TORIIIIIICO!」なんてもう二度と生で見れないはずだ。カバーであっても、こうやってこの曲を演ってくれる人たちがいることが素晴らしいのだ。(しかも、このライブのあとにJDHFCメンバーのTwitter観たら武道館に行っていた。確信犯かよ。最高だ!)

 

興奮のあまり間違っていた。正しくは"Tempalay"です。お詫びして訂正いたします。だから「新時代」を聞いてくれ。

 


Tempalay「新世代」(Official Music Video)