砂ビルジャックレコード

カルチャーの住民になりたい

戻りたいし戻りたくないよセブンティーン(『レディ・バード』観たマン)

レディ・バード』を観た。

www.youtube.com

 

ついさっきまで高校生だった。。。なんて言えない年に来てしまった。なんとなく若者というハッシュタグをつけて今日まで生きてきたけども、もう期限切れなのかもしれない。 やや早送りした音楽に合わせて口パクの動画を撮る楽しさがわからないし、それにかわいいと思える感情がわかない。あらかじめ定められたBPMで踊り狂ってる女の子のほうがとっても好きだ。と、いってもおじさんの言うことなんか見向きもしない。それが若さってもんだ。

 

といっても、私は若い状態を経てこの現在形だ。いつの時代だって不変な若者の悩みは経験してきたつもりだ。そして、その苦さを思い出させてくれる映画が存在していることで、その若い状態からひとつづきで、今の私があることを再認識してくれる。このようなモラトリアム系映画はなんだかこっ恥ずかしいんだけどもどうしても観てしまう。去年の『スウィート17モンスター』とか最高でしたね。

 

takano.hateblo.jp

 

そのモラトリアム系映画に新たな傑作が誕生した。サクラメントに住むレディ・バードと自称する女子高生の多感な日常を微笑ましく描いている。無限大な能力を持ったように誤解してこの世に生まれたけれど17歳になると徐々に自分のできないことが見えてくる。辿り着けそうにない場所がわかってくる。そこに抗うために、恋に進学にレディ・バードはひたすら行動を起こす。友達を乗り換えてみたり、遊び上手な女になりすましてみたり、渡り鳥のように自分の居場所を変えながら、たどり着きたい場所を目指す。ただ、どこにたどり着きたいのはわからないまま。

 

未来への自分の期待と、それを思い通りに描けない悔しさが思春期の怒りの正体なのかもしれない。しかし、その衝動的にもがくレディ・バードが羨ましくてしょうがない。

 

そして、シアーシャ・ローナンが好きなんです。なんでしょうあの瞳で見つめられたら動けない。メドゥーサよ。そらレディ・バードもといシアーシャが同級生でいたらどんなにドキドキする毎日だったでしょう。しかし、レディ・バードの瞳には私は映らない。だってもっと上の方向を目指しているのだから。つらい。勘違いさせてもいいから高校の時バンドとかやっておくべきだったね。そういう経験がのちのち効いてくるものだよ。あの頃に戻ってやり直したいと思う一方で、今の自分も嫌いになれない。やり直したとて、違う歪みが生じることだってある。17歳を完璧に通る人間なんていない。あのときの後悔を糧にして今を進むしかないのだ。

 

 

予告編は観るな!ポップコーン買え!(『カメラを止めるな!』観たマン)

カメラを止めるな!』を観た。

 

 

予告編なんて観なくていいです。

 

 

巷でも話題の作品を見る時間がようやくできて、とうとう映画館に向かいました。ぎゅうぎゅうづめの満員で見る映画はあんまり好きではないんだけども、ときになんでこんなにも楽しいのだろうと思う瞬間がある。それこそ何にも考えることなく同じベクトルに感情を発散できる作品を見たときである。ブルース・リー的に言うならばDon't think just watch!

 

そう、この『カメラを止めるな!』もポップコーンとジュース持ってわいわいする娯楽映画であった。たいがいゾンビ映画とはそういうものだ。ある程度規定された展開、チェックポイントを抜けてゴールへたどり着く。幾多も存在するゾンビ映画でこのチェックポイントと我々の想像を超えていくのかが、醍醐味である。『カメラを止めるな!』は「ワンカットのゾンビ映画を廃墟で撮影中に…」という話だ。そして、ここから先は言うことができない。もはやこの作品に関しては、ネタバレをしないというのはコンプライアンス遵守と同等の意味だ。

 

この一行のあらすじで、「ふーん、、、どうせそういう展開なんでしょ」と察する未見のやつらこそ見てほしい。あらかじめ敷かれているゾンビのレールを疾走しながらのまさかの展開。「え、どういうこと?」が積もり積もっていくのを体感してほしい。それで正解だゾンビという虚構(もしかしたら真実かもしれないが)を真実に昇華させるのがスクリーンの中で、その中で起こる事実に目を逃さないでほしい。

 

そして結末にたどり着いたとき、あなたは晴れて感染者の仲間入りだ。秘密を知った側になったのだからぼくたちは共犯者だ。こんなにコンプライアンス遵守的に守秘したくなる映画も珍しい。開始時刻を観る。チケットを買う。売店で買う。映画を見る。そして秘密を守る。ただそれだけ。情報を入れるな!ポップコーンとジュースを胃袋に入れろ!!映画館の売上に貢献しろ!!

 

 

 

シンプルな服が似合うよなあ(『海を駆ける』観たマン)

海を駆ける』を観た。


映画『海を駆ける』予告編

 

島国であるというのに東京に住んでいると海を忘れそうになってしまう時がある。魚は比較的手に入れやすい環境であるのに、いざ刺し身となって店に並んでいると手を伸ばせなかったり、ボリュームのあるすぐ肉系のものをカゴに入れてしまう。海につながっている川の上はよく通ってるんだけど。フィレオフィッシュでなんとか僕と海をつなぎとめている瞬間でさえある。

 

内陸国のひとつやふたつにも海軍があるというのだから、わたし達、地球に住む者にとって海は必要不可欠な存在である。恵みだけでなく災いをもたらすものでもあるが。この『海を駆ける』はバンダ・アチェというインドネシアの港町が舞台で、謎の男が突然打ち上げられたことから物語が始まる。インドネシア語で「海」を表すラウと名付けられた男は、不思議な能力を使って周辺の人々を巻き込んでいく。

 

本作の監督である深田晃司監督の『ほとりの朔子』や『淵に立つ』で印象的だった赤色の魅せ方が象徴的だったのに対して、『海を駆ける』は青の表現が美しい。静かで雄大でありながらときに脅威となる海原がスクリーンいっぱいに広がって、それを見るだけでも「映画」を観た気になれる。

 

takano.hateblo.jp

 

 

『ほとりの朔子』 の違う世界線のような作品でもあるといえる。津波で甚大な被害を受けたバンダ・アチェ東日本大震災からの被災者が描かれていた『ほとりの朔子』。モラトリアムを過ごす女子大生も登場し、不思議な浮遊感も持っている。名前も「さくこ」と「さちこ」だ。

 

謎の男・ラウを演じるのはディーン・フジオカ。このディーンさんが醸し出す神秘性や無国籍性が、どこから来たかわからないラウのキャラクターにぴったりとあてはまる。それにしてもディーンはシンプルな服が似合うよなあ。さらっと着こなすあたり無国籍なかっこよさを感じてしまう。作中のラウは、他の登場人物の味方にも敵にもなることなく、淡々と謎の男であり、このラウを利用するものも現れる。ラウが行う神話的行動は果たして奇跡と呼んでいいのだろうか。ラウという男は一体どういう存在なのか考えながら見るだけでこの静かな物語はさらに深みを増すのだ。