chelmicoアーネスト・ホースト説

最近、chelmicoにハマっている。嘘だ。鬼ハマりしている。街ゆく半袖の人に、ただのchelmico大好きおじさんかと問われたら首を大きく頷く。長袖の人にも同様の反応をする。とにかくずっと見たくなる魅力を持っているのだ。

www.youtube.com

 

『Highlight』も爽やかで聞き心地がいい。確実にかっこよいフローと、シティガール的な詞。なんといっても、肩肘張らずにのびのびとchelmicoとしての世界観を作っているのがとても信頼できる(こういうのは違うエキスが入ってしまうとすぐ崩れてしまうもろいものだ。)この『Highlight』も含まれている作品『EP』のアートワークも、ジム・ジャームッシュの『コーヒー・アンド・シガレッツ』を彷彿とさせるような世界観でいちいちかっこいい。シティボーイとして生きている私のツボをことごとくついてくる彼女たちに首ったけなのだ。mixiのコミュニティも作ってしまった。

 

鉄は熱いうちに打て。番茶は熱いうちに飲め。体内で迸る勢いのままに、先日、生chelmicoデビューをしてしまった。ステージに現れた二人はMVやTwitterで受けた印象そのままだった。信用できる。ダブルピースサインをいっぱいする人はいい人だ。二人のパフォーマンスも素晴らしい。真海子さんの気取らないマイクの持ち方、フロアの奥まで届けようとするレイチェルさん。(ステージの近くで見ていた私はその首筋の美しさに気づいてしまった。今年の夏の大発見。)

 

しかし、なぜ、2人は惹きつける魔力を持っているのだろうとひとりでに分析しだす。たどりついた答えは、バランスが非常に良いということである。ボケツッコミも互いに器用にこなすし、高音のレイチェル、低音の真海子のすみ分けが心地よい。この一点に散らばらずに、だけども着実にダメージを与える感覚、どこかで似たような印象を受けたことがある…

 

そうだ!アーネスト・ホーストのコンビネーションだ!ミスターパーフェクトの精密機械のような畳み掛けを感じる。

 

重厚なローキックで、思わず意識が足に向いたところで繰り出されるパンチ。ガードはがら空きだ。パンチの連打で必死にガードをするも最後に待ち構えているのは、弧を描くローキック。着実でテクニカルな連打から抜け出せない。気づけば私が見上げるのは天井だ。chelmicoは、そんなアーネスト・ホーストのファイトスタイルのようなパフォーマンスをやってのける。

 

すなわち、chelmicoは4 times champion アーネスト・ホーストなのである。

 

比類ない強いひかり(『海辺の生と死』観たマン)

『海辺の生と死』を観た。


満島ひかり&永山絢斗共演『海辺の生と死』予告編

 

「ねえねえラビリンスのMV観た?」が一時期の私の口癖であった。MONDO GROSSOのアルバムの中の一曲、『ラビリンス』のボーカルを満島ひかりさんがやっているわけだが、その曲、MVをひと目見て圧倒されたのだ。もちろん見てない人にはURLを恩着せがましく送りつけていた。申し訳ありませんでした。


MONDO GROSSO / ラビリンス

 

香港の混沌とした夜に舞う満島ひかりの妖艶さたるや。フジロックでも、MONDO GROSSOのステージに出現したとの報を手に入れて、羨ましさの塊と化した私は、もうどうしようもいられなくなり、誰もいない夜の駅前をスキップで駆け抜け、少しでも満島ひかりとシンクロしようと努めたのです。

 

話がラビリンスしてしまったが、そんな満島ひかりさんの主演作「海辺の生と死」。戦中の奄美大島が舞台の話である。原作は、島尾ミホの同名の作品。この作品が実話であるということに驚いた。南の島で本当にあったひと夏の愛のかたち。

 

我々は、「満島ひかりって沖縄でしょ?」という固定観念をどこかで持っているが、ルーツは奄美大島にあると、本人は語っている。

 

満島:沖縄 親戚いないんですよ。一人も

東野:満島家ってどこ出身。どこから来たの?

満島:奄美大島です。もともと(苗字が)満(みつ)だけだったんすけど、ひいおばあちゃんの名前がミツで、「満ミツ」になっちゃって、島つけようって。

東野:満島ミツになって。「ミツ」サンドイッチみたいな感じになって。

満島:満島ミツになったけど、それも嫌だって言い出して、結局「ウメチヨ」に名前を変えて、「満島ウメチヨ」になりました。

旅猿11/高知・四万十川の旅より)

 

映画全体に流れるテンポが、南の島のリズム。細かくカット割りをすることなく、デンとそのシーンが流れていく。最初はそのテンポや、島の人々の訛りに違和感を覚えるのだけど(これは東京住まいの弊害だろうか)一旦浸かってしまうと本当に心地よい。むしろ、途中から兵としてやってくる、永山絢斗たちの標準語にむず痒さを感じてしまう。いつも聞き慣れているイントネーションなのに。

 

上記の旅猿のなかで、もうひとつ彼女の言っていた言葉が印象的であった。「映画は監督のもの、ドラマは脚本家のもの、舞台は役者のもの。(そして、旅猿は東野のもの!)」という格言。おそらく演じる側の言葉であるが、いやいやちょっと待ちなさいよ!ひかりさん。この映画に関して言えば、明らかに『海辺の生と死』は“満島ひかりのもの”であった。

 

波の音、飛行機の音、砲撃の音。「生」と「死」の境目が限りなく薄く、それでいて際立っていた戦争の日々。明日にもあの人が死ぬかもしれない、その状況の中でたくましく愛に全うする女教師。その女教師を演じる満島ひかりの力強さに、完全に掌握されてしまった。

 

怒りのパクチー道

ここ最近パクチーの繁殖力が凄まじい。といっても、パクチー“味”のものだ。私がよく利用するコンビニにいけば最低でも1種はパクチーフレーバーのスナックなどが置いてある。「もう、とりあえずパクチー味作っとけ」的な考え方が横行しているのか。パクリ社会である。

 

私は、特に抵抗もなくパクチーを受け入れている。しかし、ファミレスなどでたまにある、それこそ“パクリパクチー”はパクチーとしてのアイデンティティを失っている。私は一度だけファミレスで、いつものパクチーの感覚で注文したのだが、食べててこう思った。これはただの草だ。ちゃんと、パクチーを適切につかっているタイ料理やベトナム料理のお店で食べるのがベターであると学習した。

 

さて、パクチーの独特な風味を例えるときに「カメムシの味」というフレーズを耳にしたことがある人が多いと思う。とくにアンチパクチーな人なら今日も街の何処かでいけしゃあしゃあとこの言葉がオートマティックに口から出ているのだろう。この言葉を使うひとたちに言いたいのはひとつ。お前、カメムシ食うたんか。

 

パクチーディスるあまり、なんか知らんけど、自分の偏食履歴を開示する展開。え、カメムシどう食べたの?甘辛く煮詰めた?素揚げして塩で?麺に練り込んで?調理方法が非常に気になるところである。カメムシカミングアウトに心理的距離感を置きつつも、若干気になるのは、食への探究心か。

 

いやいや、表現だからって、カメムシを食ってないやつがこの表現を使うなんて言語道断である。一回カメムシ食ってからパクチーディスりやがれ!!パクチーからのカメムシでもいいぞ。そして、カメムシよりもっとパクチーに味が近い食べ物があるか探してみろ!虫より草のほうが近いと思うぞ!そこら辺の野草食え!腹いっぱいなら岡本信人に一度聞いてみ!

 

誰かが言ってるからって、やってるからって、そう易易と真似してほしくないものです。それはパクチー嫌いなやつも、パクチー味でとりあえず一儲け狙ってるメーカーも同じである。前例に習わず、己だけのパクチー道を極めてほしい。パクチーを極めるにはクリエイティビティが求められるのです。