読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

博多・長崎たびの記録6

だらだらすいません。

 

 

この素敵な情報を手に入れた私は、博多のクラブへ行くことを決意した。食で幸せに満ち満ちた私は、隆を見たい!という欲望とともに、博多美人と出会いたいという新たな目標に狙いを定め、東京でもめったに行かないクラブへと足を踏み入れたのだ。

 

外国かよ!と思うほどのセキュリティをくぐり抜け、そこから先は夜の社交場。セックスオンザビーチが流れるし、オースティーン・マホーンも流れる。確かに35億言っとけばウケるもんねえみたいな分析をしながら視線は綺麗なひとたちから離れない。

 

ざんねんなことに、この年にもなってまだ人見知りが抜け切れていない私は、突破口のあけ方がわからない。(クラブへ潜入しただけでも褒めてほしいくらいだ!)僕の目の前では、このクラブの常連である男女たちが談笑している。うらやましい。私は手元のジン・バックをちびちび飲みながら見つめることしか出来ない。

 

ただの棒立ちの私を救ってくれたのは、ポップスターだった。おれの、おれの藤井隆のショータイムが始まったのだ。いきなりナンダカンダでダンスフロアがきらめき出す。わたしの目玉もあっという間にディスコボールだ。藤井隆には、discOballという曲があって、そのクラブでもやってくれたのだが、ぼくが口ずさんでいると隆が笑顔で僕を指差したのだ!!私のもやもやした何かが一気に吹き飛んだ。そこからこのフロアにいることの孤独感がぱぱっと消えた。

 

踊る隆につられて、ぼくも黙々と踊る。孤独というより自分と隆の1on1。ライブの最後の曲はディスコの神様。ひたすら楽しく踊り歌う神様を前にしてテンションが青天井。気づけば、キャバ嬢っぽい人とディスコの神様のサビをシングアロングしていた。キャバクラなんて行ったことないのに。自分でも知らない世界が開いた。すげえよ神様。

 

隆のライブの高揚感を維持したままクラブをあとにする。黒人のセキュリティに手を降ってエレベーターで下る。とても静かな中洲の街並みだからか、心地よい耳鳴りをしばらく楽しみながらホテルへと帰った。

 

 

翌朝、クラブ疲れで遅めの起床。だらだらしていたらチェックアウトの時刻が近づいてきて、急いで荷物をまとめる。

 

 

博多駅でお弁当を買って、電車に乗り込む。もう1泊博多にいても良かったなあと、名残惜しい気持ちもありながら、電車は長崎へと走り出した。

 

博多・長崎たびの記録5

まだ長崎に行かないのに第5弾。ちびちびやってます。

 

「真」でサバを堪能したあと、前日に散策していなかった箇所をあてもなくさまようことにした。すると、小学校をリノベした施設を発見。中にはワークショップやコーヒースタンドなどもあり、ウキウキする。

 

f:id:nigaichocolate:20170520001115j:plain

この「放送中」ランプに再開したのは何年ぶりなんだろう。そこのコーヒースタンドで、小休止。この小学校の周りは、私の解釈でいえば、東京でいう表参道〜原宿にあたるエリアだ。エッグスンシングスがあるし、古着屋も多い。そんなに古着屋が並んでいるならばと、いくつかのお店に入って品定め。見事にナイキの90sナイロンジャケットをGET。古着は本当に運命の出会いを感じる。嘘か誠か店員さんの「これ、入ったばかりなんですよ」という言葉に滅法弱い。ずっと眠っている古着でなくピンポイントで出会うのが最高なのだ◎

 

買った後に荷物の嵩張りを心配したが、この古着に出会った幸せが上回った。パタッとやることがなくなってしまったので一度ホテルに帰る。少しの休憩を挟んだ後、今宵こそはと、屋台に繰り出そうと決意する。その前に通りかかった鉄鍋餃子のお店が気になったのでシームレスにピットイン。一口餃子とビールでウォーミングアップ。

 

そして屋台街へ。うう。思ったよりも観光価格だ。。。意を決して威勢のよいお兄さんのお店に吸い込まれていく。なぜか注文のときに緊張してしまい、結果として以下の品が来ました。

f:id:nigaichocolate:20170520002556j:plain

間違いない。店員さんに明太子好きと思われた。まさか豚バラにも明太が右往左往されてるなんて。しかし、噛めば噛むほど豚バラの旨みが広がっていく。明太子の相性も良い。いかにも観光客的な博多グルメを堪能するのも悪くない。

 

そして、食を制覇した気でいる私は、この日の昼に仕入れたある情報をもとに夜の街へ攻め込むことを誓うのです。

 

 

 

博多・長崎たびの記録4

博多2日目の朝。まだ胃の中が消化しきれていないままでホテルの朝食バイキングへ。なるべく量を食べずに、野菜などを摂って、品目を稼いでおこうという戦略でレストランに向かうが、甘くはなかった。地方のビジネスホテルへ行くと、よく地元名産のものがおいてあることが多い。ここのホテルで、ついに博多名産の入口担当に出会ってしまったのだ。

 

白飯は食べないと誓ったのに。私は白飯の最強のタッグパートナーは明太子と信じている。こんもり盛られたピンク色の宝に思わず手が伸びる。いわし明太も確保してしまう。美味しい。でも苦しい。外国に「天国と地獄が一緒に来る」ということわざがあるならば、今まさにその状況だろう。結局、お腹を苦しめつつ部屋に戻り、消化を待とうと横になっていたら、二度寝してしまった。

 

ただ、胃薬の効果は恐ろしいもので、二度寝から覚めたらその満腹感がすーっと消えていた。体力も回復してきたところで、ホテルを飛び出し博多市街をぶらつくことにする。ホテルは天神方面にあったのだが、地下鉄で博多駅まで戻る。

 

実は下調べのときに気になっていたうどん屋さんがあったのだ。タモさんがおすすめするお店なのである。期待して行ったものの、やはりタモさんパワーはすごかった。平日の昼だというのにざっと50人以上が並んでいた!長蛇の列に戦意喪失し、プランBにうつる。いいともがまだ続いていたら、もう少し人数少なかったのかな。

 

結果から言うとプランBは見事に成功した。5人ほどの列だったので、すんなりと入れた。(とはいっても相席だ)。「真」というお店は、ランチのメニューがたったひとつだけ。焼き鯖定食である。

f:id:nigaichocolate:20170516233818j:plain

見よ、日本人ならばこのメンツを見るだけで「幸せ」と感じるだろう。ええ、幸せでした。鯖も程よい脂と、パリっと焼かれた皮の旨みが口の中に広がり、ご飯がすすむすすむ。油揚げがたくさん入ったお味噌汁もしみわたる。1日目が肉系だったので、魚系も制覇できたのは良かった。この店の見知らぬお客さんも同じ幸せを味わっているということに気づくとなんだか嬉しくなった。そして、ひとつの真理にたどりつく。

 

 

幸せの青い魚。