砂ビルジャックレコード

カルチャーの住民になりたい

すごい女系ヒストリー(『パティ・ケイク$』観たマン)

パティ・ケイク$』を観た。

www.youtube.com

 

もういい年だというのに、ごくたまにラッパーになりたい時があり、YouTubeや歌詞サイトを駆使して研究しだす夜がある。ピアノもできない、ギターもベースもドラムも何の楽器もできないまま大人になってしまった者たちへの救いの手がヒップホップなのである。言葉は読める。韻も踏める。国語の成績は比較的よかった。(古文は苦手だったけど)今からビルボードのナンバーワンを目指すなら、楽器を習うより言葉を極めたほうが多少チャンスがあると錯覚する。そしてノートに書き始めるのだが、なんにも思いつかないというところで、一時的に夢が覚める。

 

きっとこういうことを考える人は自分だけじゃないはず、と確信したのが入江悠監督の『サイタマノラッパー』シリーズだ。北関東に住む若者たちのヒップホップを手段とした現状への抵抗は泥臭くて美しい。その泥臭さや美しさを再度感じる機会に恵まれた。『パティ・ケイク$』の主人公、パティだ。美しいスタイルとは言えない彼女もラップスターに救われ、ラップスターを夢見るひとり。車椅子のおばあちゃんとロックバンドの元ボーカルでアル中の母親との3人暮らし。これといった定職もなく一発逆転したくなる家庭環境。

 

彼女の才能に惚れた親友ジェリの行動力のもと、謎のトラックメイカー・バスタードとともにアルバムの作成を開始する。feat.パティのおばあちゃん。おばあちゃんの声をサンプリングするなど自分のルーツも何もかもぶちこんで魂の一枚を作り上げるシークエンスが好きだ。何事も作って世間に届けない限りは始まらないものね。成り上がるための階段は自分でこしらえるのさ。

 

おばあちゃんを巻き込む一方で、アル中母ちゃんとの対立構造も見逃せない。母vs娘。ロックvsラップ。バーテンvsアル中。夢破れた者vs夢を掴もうとする者。この世代闘争の結末にホロっと来てしまった。ラップスターを目指す成り上がりストーリーであるとともに、一癖も二癖もある母娘3代が連なった家族のヒストリーでもあるのだ。

 

最後に微かに韻踏めたのでだれか褒めてくれ。

すぐ水浴びる(『君の名前で僕を呼んで』観たマン)

君の名前で僕を呼んで』を観た。

www.youtube.com

 

夏が苦手である。というよりジメジメした気候が苦手であるといったほうが的確だ。しとしとと降り続く雨が止んだと思えば湿気と高温のマリアージュ。Tシャツ1枚で外に出られる嬉しさはあるが、どくにかかったように湿度によって歩くたびに少しずつ体力が奪われる。ミックスオレで適宜回復しなければやっていけん。どうしてこんなに東京の夏はむっつりなんだろうか。

 

それに比べて避暑地の夏はなんと気持ちよさそうなことか、もう映像を見ているだけで快適だ。(そして映像を見ているときにはクーラーが効いている。)からっとしてて夏とはこうあるべきだよねと僕の全細胞がうなずいている。この『君の名前で僕を呼んで』はそんなイタリアの避暑地が舞台になる。

 

避暑地でひと夏を過ごす大学教授一家の息子・エリオと、その教授の教え子・オリヴァーとのモラトリアム。まだ同性愛に寛容ではなかった1980年代の香りを残しながら甘酸っぱい物語が繰り広げられる。エリオは線の細い青年(にもみたない少年かもしれない)で、音楽に才能のあるタイプ。同世代の女の子とデートしたり、オリヴァーともデートしたり、多感に夏を過ごす。大きな修羅場は訪れず淡々と夏の中心で開放的に輝く姿が羨ましい。踊って、食べて、愛し合って、こんな夏、今まで過ごした頃あるのだろうか、俺。

 

いちばん羨ましく感じたのが、すぐ水浴びるシーンが連発しまくる瞬間だ。太陽が輝いているシーンが出てくれば、気づけば画面のうちの誰かが水浴びへ行っている。すぐ脱ぐやんけ。日が落ちたと思ったら夜の静けさで聞こえる波の音。二人だけの水面デート。でも、これって本来の夏の涼み方だ。開放的ー!くぁいほうてきー!!そう、僕らは、水辺に入るとき躊躇してしまう。スマホにイヤホンにウェアラブルバイス。あれ、これ防水だっけ?ってなってしまったら、もうおしまい。便利と引き換えに夏の楽しみの真髄から遠ざかっていたのだ。

 

じりじりとお互いの心を理解し合うエリオとオリヴァーの距離感が愛おしい。なんだか日本的な距離の詰め方だ。からっとしてるイタリアの気候の中でうごく生の感情がそれがとても切ない。モラトリアムのピークと終点はなぜこんなに美しいのだろう。

 

大阪だらだら旅行2

1日目はこちらから

takano.hateblo.jp

 

大阪2日目の朝、実はひそかに狙っていた場所があったのだ。北浜で素敵な朝食が食べられるお店があると知って、隠密に行動していたのだ。旅先の朝食を制するかによって、旅の満足度が決まる(私調べ)。店名は「NORTH SHORE」。この160km直訳のところかたまらないモーニングストロングスタイル。店にはテラスがあるというので開店直後に行ったがときすでに遅し。すでにテラスは埋まっていた。しかし、風通しの良い席に通され、朝食を注文する。

f:id:nigaichocolate:20180604234256j:plain

生い茂るサラダの森を抜けるとポーチドエッグがひょっこり現れる。マーマレードも程よい甘さでパンとよく合う。もりもりと平らげてしまった。完勝。この度、この旅勝ちが決定しました。ずっとニタニタ笑顔でごはんを食べていたので、店員さんが引いていたらごめんなさい。

 

 

食べ終わって、店の外に出たら長蛇の列!開店直後作戦も成功だった。満腹から落ち着くためにすぐ近くの中之島公園に行ってだらだら。都市の中にある公園だけど、静かで気持ちいい。ダンスの練習をする学生たちの明るい声も景色として堪能する。

f:id:nigaichocolate:20180604235318j:plain

f:id:nigaichocolate:20180604235324j:plain

アーティストぶって写真を撮りまくってにやにや。幸福度を保ったまま、ホテルに戻り二度寝。ここまで完璧な一日だ。少し汗臭いシーツのにおいも最高のフレグランスになる。これこそが黄金週間なのだよと脳内のTwitterに書き込む。フォロワーゼロ人だからできる秘策。

 

食って寝て、怠惰な午前だが、あくまでもこれは大阪旅行だ。移動も旅行の一部である。というわけで、昨日に引き続きアメ村に。旅人は現場に戻るなんて格言はないけど2日連続2回目のアメ村。目的はただひとつ、カレーを食べること。昨日のアメ村の店員さんと話しているときに、カレーを食べに大阪に来たことを告げるとお店をオススメしてくれたのだ。しっかり迷いながらも地下へと続く階段をすすんでお店の中へ。

 

f:id:nigaichocolate:20180604235920j:plain

ようやくお出まし大阪スパイスカリー。そら2種盛りするよ。サバのカレーとチキンのカレー。ひとくち食べて感動。おじさんカレーに感動。朝から続く確変がまだ続いています。付け合せもいい箸休めで、ひたすらにやにや。帰りに、東京から来たことを告げるとステッカーをくれたタムカレーの店主さんありがとう。ステッカーが水に弱いと教えてくれたのに、ポケットに入れたままでズボンを選択してしまってごめんなさい。またくるよ。 

 

基本的に少食なので、朝食、昼食で胃袋がオーバーヒートを起こしてしまう。胃薬を流し込んで今日のメインイベントへ向けて休養を取るのだった。非日常はまだまだ続く。